【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

平成27年4月28日

【事業年度】

第21期(自 平成26年2月1日 至 平成27年1月31日)

【会社名】

株式会社ジャストプランニング

【英訳名】

JUSTPLANNING INC.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長 鈴木 崇宏

【本店の所在の場所】

東京都大田区西蒲田七丁目35番1号 宝栄ビル

【電話番号】

03(3730)1041

【事務連絡者氏名】

取締役  佐久間 宏

【最寄りの連絡場所】

東京都大田区西蒲田七丁目35番1号 宝栄ビル

【電話番号】

03(3730)1041

【事務連絡者氏名】

取締役  佐久間 宏

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E05204 42870 株式会社ジャストプランニング JUSTPLANNING INC. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true CTE CTE 2014-02-01 2015-01-31 FY 2015-01-31 2013-02-01 2014-01-31 2014-01-31 1 false false false E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:MinorityInterestsMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:MinorityInterestsMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05204-000 2015-01-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E05204-000 2015-01-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E05204-000 2015-01-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E05204-000 2015-01-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E05204-000 2015-01-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E05204-000 2015-01-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E05204-000 2015-01-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E05204-000 2015-01-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E05204-000 2015-01-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E05204-000 2015-01-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jpcrp030000-asr_E05204-000:ApplicationServiceProviderBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jpcrp030000-asr_E05204-000:SystemSolutionBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jpcrp030000-asr_E05204-000:LogisticsSolutionBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05204-000 2012-02-01 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05204-000 2012-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05204-000 2011-02-01 2012-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05204-000 2011-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05204-000 2010-02-01 2011-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:MinorityInterestsMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:MinorityInterestsMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:MinorityInterestsMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E05204-000 2015-04-28 E05204-000 2015-01-31 E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 E05204-000 2014-01-31 E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 E05204-000 2013-01-31 E05204-000 2012-02-01 2013-01-31 E05204-000 2012-01-31 E05204-000 2011-02-01 2012-01-31 E05204-000 2011-01-31 E05204-000 2010-02-01 2011-01-31 E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jpcrp_cor:OtherReportableSegmentsMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jpcrp030000-asr_E05204-000:LogisticsSolutionBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jpcrp030000-asr_E05204-000:SystemSolutionBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jpcrp030000-asr_E05204-000:ApplicationServiceProviderBusinessReportableSegmentsMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05204-000 2013-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05204-000 2013-02-01 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E05204-000 2014-01-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E05204-000 2014-02-01 2015-01-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E05204-000 2015-01-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember xbrli:shares xbrli:pure iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第17期

第18期

第19期

第20期

第21期

決算年月

平成23年1月

平成24年1月

平成25年1月

平成26年1月

平成27年1月

売上高

(千円)

1,685,382

1,543,554

1,665,595

1,833,973

1,851,564

経常利益

(千円)

491,462

428,588

414,910

420,560

413,460

当期純利益

(千円)

284,789

232,168

240,899

683,687

220,494

包括利益

(千円)

215,041

229,830

374,145

243,754

純資産額

(千円)

2,250,498

2,281,133

2,427,302

2,288,420

2,485,177

総資産額

(千円)

2,659,201

2,641,782

2,836,276

3,041,786

2,834,678

1株当たり純資産額

(円)

45,215.36

47,225.61

501.98

542.18

580.00

1株当たり当期純利益金額

(円)

5,763.22

4,831.20

50.37

154.90

52.96

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

5,654.74

50.32

153.51

52.52

自己資本比率

(%)

83.9

85.5

84.6

74.0

86.2

自己資本利益率

(%)

13.5

10.3

10.3

29.4

9.4

株価収益率

(倍)

10.0

10.8

12.4

7.0

12.8

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

299,518

335,963

326,340

315,884

128,208

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

7,031

50,032

415,499

364,505

191,144

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

149,119

184,406

85,794

320,557

251,711

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

913,671

1,115,261

940,308

1,300,141

1,111,366

従業員数

(名)

37

37

44

47

49

(注)1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 従業員数は、就業人員(使用人兼務役員を含む)を表示しております。

3 第18期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 平成25年8月1日を効力発生日として、普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これに伴い、当該株式分割が第19期の期首に行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算出しております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第17期

第18期

第19期

第20期

第21期

決算年月

平成23年1月

平成24年1月

平成25年1月

平成26年1月

平成27年1月

売上高

(千円)

1,105,394

954,514

1,061,410

1,158,566

1,043,201

経常利益

(千円)

475,021

417,451

415,610

419,286

401,826

当期純利益

(千円)

277,446

226,754

245,307

692,041

225,597

資本金

(千円)

381,299

381,299

381,299

381,299

400,333

発行済株式総数

(株)

60,903

60,903

60,903

6,090,300

6,152,300

純資産額

(千円)

2,203,844

2,226,746

2,375,740

2,241,555

2,437,530

総資産額

(千円)

2,522,752

2,500,331

2,686,287

2,691,009

2,525,265

1株当たり純資産額

(円)

44,680.99

46,561.28

496.26

537.60

576.70

1株当たり配当額

(円)

1,800

1,800

1,800

20

18

(内1株当たり中間配当額)

(円)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額

(円)

5,614.62

4,718.56

51.29

156.79

54.19

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

5,508.93

51.24

155.39

53.73

自己資本比率

(%)

87.4

89.1

88.3

82.9

96.2

自己資本利益率

(%)

13.3

10.2

10.7

30.1

9.7

株価収益率

(倍)

10.3

11.1

12.1

7.0

12.5

配当性向

(%)

32.1

38.1

35.1

12.8

33.6

従業員数

(名)

32

31

37

40

41

(注)1 売上高には消費税等は含まれておりません。

2 従業員数は、就業人員(使用人兼務役員を含む)を表示しております。

3 第18期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 平成25年8月1日を効力発生日として、普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これに伴い、当該株式分割が第19期の期首に行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算出しております。

5 第20期の1株当たり配当額には、創立20周年記念配当2円を含んでおります。

 

2【沿革】

年月

事項

平成6年3月

有限会社ジャストプランニング(資本金3,000千円)として千葉県習志野市にて設立

コンピュータメーカーからの外食業界向けソフトウェアの受託開発及び販売支援業務を開始。同時にPOSシステム販売を開始

平成7年11月

本社を東京都大田区仲池上二丁目21番3号に移転

POSシステム、売上管理システム等の店舗・本部システムの導入支援業務を開始

平成8年3月

POSシステム設計・コンサルタント業務を受託し、システムソリューション事業を開始

平成10年6月

株式会社(資本金10,000千円)へ組織変更

システムメンテナンス等の業務アウトソーシング事業を開始

平成11年3月

まかせてネットサービス開始(外食業界向け)

平成11年8月

ASP(Application Service Provider)事業(まかせてネット)の本格的進出(外食業界向け)

平成12年4月

新ASP事業の展開に着手(人材派遣業・宅配事業)

平成12年8月

本社を東京都大田区西蒲田七丁目35番1号に移転

平成13年2月

簡易版まかせてネット(まかせてネットLight)サービス開始

平成13年3月

ASP事業(まかせてネット)機能追加(リアルタイム空室情報・売上照会)を発表

平成13年7月

店頭市場(現 東京証券取引所 JASDAQスタンダード)へ上場

平成17年2月

物流ソリューションやマーチャンダイズソリューション(コンサルティング、コーディネイト)の事業展開を目的として、株式会社サクセスウェイの株式を63.3%取得し子会社とする(現 連結子会社)

平成22年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場

平成22年10月

大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

平成24年8月

クラウド型POSオーダリングサービス(まかせてタッチ)サービス開始(リアルタイム売上・注文照会)

平成24年9月

店舗専用スマートフォンアプリ(AppCRM)サービス開始(販促支援、顧客管理)

平成24年9月

ASP事業まかせてネット進化版(まかせてネットEX)を発表

平成24年11月

ASP事業の販売促進を目的として、スマートフォンアプリ(AppCRM)を提供する、株式会社IMCの株式を35.0%取得し持分法適用の関連会社とする

平成25年4月

平成25年7月

太陽光発電事業を目的として、株式会社JPパワーを設立し子会社とする(現 連結子会社)

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

 

3【事業の内容】

 当社グループ(株式会社ジャストプランニング及び当社の関係会社)は、株式会社ジャストプランニング(当社)、連結子会社2社及び持分法適用関連会社1社で構成されています。事業内容並びに当社グループの当該事業に係る位置付けは、次のとおりであります。

 

ASP事業
 当社は、外食企業向けに、インターネットの通信インフラを利用したアプリケーションソフトウェアの提供と、企業の情報システム関連部門が行っているシステムメンテナンス業務及び運用サポート業務等のアウトソーシング業務とを組み合わせた「ASP事業」を行っております。


システムソリューション事業
 当社は、外食産業向け本部管理システム・店舗システム・分析システム等のアプリケーションソフトウェアの企画、
開発、販売及びPOSシステム、オーダーエントリーシステム等のソリューションの提供及び業務コンサルティングを行っております。

 

物流ソリューション事業

 連結子会社の株式会社サクセスウェイは、外食チェーン企業等に対する物流ソリューションやマーチャンダイズソリューション、本部業務代行等のソリューションサービス事業を行っております。

その他事業
 当社は、直営の外食店舗を従業員等により運営し、店舗運営ノウハウの社員研修、情報システムの開発、新システムのテストマーケティング等に活用した事業を行っております。なお、当連結会計年度において福岡県においてゴルフバーを運営する店舗運営事業を譲り受けております。


上記の事項について、事業系統図を示すと次のとおりであります。

 

0101010_001.png

 

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(百万円)

主要な事業内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

株式会社サクセスウェイ

(注)2

東京都大田区

30

物流ソリューション事業

70.0

物流ソリューションやマーチャンダイズソリューション(コンサルティング、コーディネイト)に関して業務提携を行っております。

役員の兼任あり。

 

(連結子会社)

株式会社JPパワー

 

東京都大田区

10

その他事業

100.0

太陽光発電事業及び外食店舗の運営等を行っております。

役員の兼任あり。

(持分法適用関連会社)

株式会社IMC

東京都新宿区

121

ASP事業

35.0

顧客管理・店舗販促スマートフォンアプリサービス「AppCRM」に関して業務提携を行っております。

役員の兼任あり。

(注)1 主要な事業の内訳欄には、セグメントの名称を記載しております。

2 株式会社サクセスウェイについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占め

る割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

① 売上高

837,328千円

 

② 経常利益

29,988千円

 

③ 当期純利益

19,616千円

 

④ 純資産額

112,468千円

 

⑤ 総資産額

263,697千円

 

 

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成27年1月31日現在

 

セグメントの名称

従業員数(名)

ASP事業

36

システムソリューション事業

物流ソリューション事業

8

その他事業

3

全社(共通)

2

合計

49

(注)1 従業員数は就業人員(使用人兼務役員を含む)であり、パート・アルバイトは含んでおりません。

   2 システムソリューション事業は、ASP事業の従業員が兼務しております。

   3 全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(2)提出会社の状況

平成27年1月31日現在

 

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

41

36.2

6.4

4,765

 

セグメントの名称

従業員数(名)

ASP事業

36

システムソリューション事業

その他事業

3

全社(共通)

2

合計

41

(注)1 従業員は就業人員(使用人兼務役員を含む)であり、パート・アルバイトは含んでおりません。

   2 システムソリューション事業は、ASP事業の従業員が兼務しております。

   3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。なお、使用人兼務役員について、使用人としての給与部分について計算しております。

 

(3)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係については良好に推移しております。

 

第2【事業の状況】

1【業績等の概要】

(1)業績

当連結会計年度におけるわが国経済は、政府の経済政策や日銀の金融緩和政策により、企業収益や雇用・所得環境にも改善が見られ、景気は緩やかながら回復基調で推移いたしました。しかしながら、円安による原材料価格の上昇や消費税増税に伴う駆け込み需要の反動が長引き、景気の先行きは不透明な状況が続いております。

当社では、会社設立以来、外食業界を中心にしたシステムのコンサルティング及び開発を行ってまいりました。
IT情報システム環境は激しい技術革新の渦中におかれており、外食業界においてもインターネットを活用した新しいビジネスモデルの構築や効果的なデータの活用方法が求められております。
 このような環境の中で、当社ではASP(Application Service Provider)によるアウトソーシング事業とインターネットを活用したシステムソリューション事業に取り組んでまいりました。

昨今のインターネット環境におきましては、タブレット端末やスマートフォン等のデバイスの進化や急速な普及により、外食産業においても様々なビジネスシーンで活用されるケースが認められております。

このような背景を踏まえ、ASP事業「まかせてネット」をシリーズ化し、「まかせてネット」の進化版「まかせてネットEX」および、クラウド型POSオーダリングサービス「まかせてタッチ」の開発、更に、持分法適用の関連会社である、株式会社IMCが開発した店舗専用スマートフォンアプリ「AppCRM」の拡販・運営をいたしております。

 

 当連結会計年度の売上高は、1,851,564千円(対前連結会計年度比1.0%増)となりました。ASP事業売上が906,584千円となりました。システムのコンサルティング及び開発、その他ソリューションサービスに関連した事業を加えたシステムソリューション事業の売上が85,510千円となりました。物流ソリューション事業の売上が813,369千円、直営の外食店舗の運営事業であるその他事業の売上は46,100千円となりました。

 

 一方、売上原価は、979,683千円(同1.3%減)となりました。販売費及び一般管理費は、427,991千円(同2.5%増)となり、連結営業利益443,889千円(同4.8%増)となりました。一方、株式会社IMCにつきまして、のれんの一括償却を行い、持分法による投資損失34,056千円を計上したこと等により、連結経常利益413,460千円(同1.7%減)となりました。また、太陽光発電設備に係る未収入金に対して貸倒引当金繰入額65,457千円を計上した結果、連結当期純利益220,494千円(同67.7%減)となりました。

 

  セグメント別の業績を示すと、次のとおりであります。

 

ASP事業
 当社グループにおけるASP事業は外食業界向けに「まかせてネット」というサービス名で、本格的には平成11年8月よりサービスを行っております。各外食店舗にPOSシステム・出退勤システム・食材発注システム等の店舗システムで発生した情報を、当社ASPセンターで受信し、各企業データベースへと展開します。当社ASPセンターでは、売上管理・勤怠管理・発注管理等の本部システムを稼働させ、外食本部からはインターネット経由で当社ASPセンターにアクセスすることにより、それらの本部システムを利用する事が出来る仕組みとなっております。また、本部システムの利用に伴い発生するデータの更新等のメンテナンス業務や、店舗システムのリモートサポート業務等の付帯業務をアウトソーシング業務として代行していることが特徴としてあげられます。これによりユーザーはシステムの利用に専念でき、管理コストも抑えることが可能となります。
 ASP事業(まかせてネット)におきましては、外食業界に特化したサービスとして、ASP導入時に生じる動作環境の設定、利用方法の説明等といった導入を支援することから発生する導入支援売上と、提供するアプリケーションソフトウェアのメニューをユーザー店舗単位で決定し、毎月メニューに応じた月額利用料金を導入店舗数に応じてユーザーに請求する継続的な収入であるASP利用料売上から構成されています。また、外食産業のみならず、新業態への売上管理・勤怠管理・発注管理等のASPシステムを展開しております。

 また、「まかせてネット」をシリーズ化し、「まかせてネットEX」、「まかせてタッチ」の開発、店舗専用スマートフォンアプリ「AppCRM」の拡販・運営をいたしております。

 「まかせてネットEX」では、マルチデバイス、マルチOS、マルチブラウザに対応しており、様々な環境において利用が可能となり、システムのカスタマイズ性を高めました。

 「まかせてタッチ」では、従来の専用のハンディーターミナルに代わって、スマートフォン、タブレット端末等を飲食店舗内の注文端末として活用し、お客様から受けた注文について、厨房のプリンタへの調理指示、お客様の会計、売上情報の管理等を行います。更に、リアルタイムでの店舗の売上・注文情報の確認を可能としました。

 「AppCRM」では、店舗での販促支援と顧客管理をシステム提供いたしております。本部もしくは店舗単位で、専用の管理画面からクーポン・ブログ・発信したい案内等を更新し、アプリケーションをダウンロードしているお客様へ簡単に発信することが出来るようになりました。

 

 当連結会計年度におけるASP事業売上は、店舗の設備投資の増加、ASPサービス「まかせてネット」の実績稼動店舗数が拡大した結果、ASP事業の売上は906,584千円(対前連結会計年度比1.5%増)、セグメント利益は704,253千円(同3.1%増)となりました。

 

システムソリューション事業
 平成6年3月の設立以来、当社グループは外食業界向けの店舗システム及び本部システム(POSシステム、出退勤システム、食材発注システム)等の業務システム構築全般にソフトウェアの企画・開発・販売を行ってまいりました。システムソリューション事業の業務内容は、外食業界の業務システムにおけるソフトウェア受託開発、POSシステム導入におけるシステム設定作業やシステム運用・業務コンサルティングやそれに伴うハードウェア導入、当社POSシステムユーザーに対する消耗品販売等を行っているPOSシステムソリューションから構成されております。

システムソリューション事業売上は店舗の設備投資の減少、POSシステム導入におけるハードウェア機器の低価格化等の影響を受けました結果、85,510千円(対前連結会計年度比59.0%減)、セグメント利益は25,042千円(同51.3%減)となりました。

 

物流ソリューション事業
 当社グループでは、外食チェーン企業等に対する物流ソリューション(3PL:サードパーティロジスティクス=企業の流通機能全般を一括して請け負う)やマーチャンダイズソリューション(コンサルティング、コーディネイト)、本部業務代行(伝票処理、受発注代行、商品管理)等のソリューションサービス事業を展開しております。物流ソリューション事業の売上は813,369千円(対前連結会計年度比15.2%増)、セグメント利益は119,277千円(同16.6%増)となりました。

 

その他事業

 当社グループでは、平成21年8月より、直営の外食店舗を社員により営業を行っております。社員による運営により、店舗運営ノウハウの社員研修、情報システム開発、新システムのテストマーケティング等に活用しております。その他事業の売上は46,100千円(対前連結会計年度比74.3%増)、セグメント利益は23,308千円(同429.3%増)となりました。なお、当連結会計年度において福岡県においてゴルフバーを運営する店舗運営事業を譲り受けております。

 

(2)キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの状況につきましては、現金及び現金同等物(以下「資金」という)の
当期末残高は、前連結会計年度末に比べ188,775千円減少し、1,111,366千円となりました。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)
 当連結会計年度において営業活動の結果使用した資金は128,208千円となりました。これは、主として税金等調整前当期純利益368,003千円、減価償却費48,933千円を計上し、貸倒引当金繰入額65,457千円、法人税等の支払が603,928千円となったこと等によるものです。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)
 当連結会計年度において投資活動の結果得られた資金は191,144千円となりました。これは、主として、定期預金の預入による支出650,000千円、定期預金の払戻による収入1,500,000千円、有形固定資産の取得による支出401,332千円、有形固定資産の売却による収入88,038千円、投資有価証券の取得による支出362,420千円、投資有価証券の売却による収入25,000千円等によるものです。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)
 当連結会計年度における、財務活動の結果使用した資金は、251,711千円となりました。これは、主として短期借入による収入300,000千円、短期借入の返済による支出500,000千円、配当金の支払による支出82,649千円によるものです。

 

2【生産、受注及び販売の状況】

(1)生産実績

 当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、以下の通りであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 平成26年2月1日

至 平成27年1月31日)

前年同期比(%)

ASP事業

(千円)

906,584

1.5

システムソリューション事業

(千円)

85,510

△59.0

物流ソリューション事業

(千円)

813,369

15.2

その他事業

(千円)

46,100

74.3

合計

(千円)

1,851,564

1.0

(注)1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

 2 金額は販売価格で表示しており、消費税等は含まれておりません。

 

(2)受注実績

 該当事項はありません。

 

(3)販売実績

 当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、以下の通りであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 平成26年2月1日

至 平成27年1月31日)

前年同期比(%)

ASP事業

(千円)

906,584

1.5

システムソリューション事業

(千円)

85,510

△59.0

物流ソリューション事業

(千円)

813,369

15.2

その他事業

(千円)

46,100

74.3

合計

(千円)

1,851,564

1.0

(注)1 セグメント間取引については、相殺消去しております。

    2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

3【対処すべき課題】

 当社グループは、ASP事業をアプリケーションソフトウェアの提供のみならず、アウトソーシング業務としてユーザー側のシステム作業も運用サービスとして行うことにより、安定したシステム稼動とユーザー側のシステム活用に関する問題の解決に向け、アウトソーシング業務に対する信頼感を高めることを目的にサービスを行ってまいります。
 当社グループが行っているASP事業「まかせてネット」、システムソリューション事業を取り巻く技術革新の進歩は速く、特にインターネット関連業界に関しましては、昨今、参入企業も多く、ユーザーも急速に拡大の一途をたどっており、それに併せて新技術や新サービス・商品が普及しております。当社グループにおきましては、新技術の積極的な投入を行い、適時にユーザーニーズを取り入れた独自のシステムを構築していき、外部との技術提携等の企業間の情報交換も積極的に行っていく方針であります。

 

4【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

 当社は、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、リスク発生の回避に最大限の注意を払うと共に、発生した場合には影響を最小限に抑えるべく可及的速やかな対応に努めております。

 なお、以下記載のうち将来に関するリスク事項については、有価証券報告書提出日現在において、当社が経営上の重要なリスク管理の対象として認識しているものであります。

 

(1)技術変化への対応力

 当社グループが行っているASP事業「まかせてネット」、システムソリューション事業を取り巻く技術革新の進歩は速く、特にインターネット関連業界に関しましては、昨今、参入企業も多く、ユーザーも急速に拡大の一途をたどっており、それに併せて新技術や新サービス・商品が普及しております。当社におきましては、新技術の積極的な投入を行い、適時にユーザーニーズを取り入れた独自のシステムを構築しております。この分野における技術の変化は急激であり、当社グループの成功はこうした技術変化への対応力を必要としております。

(2)情報管理分野の特有のリスク

 当社グループはITへの依存度が高く、ソフト及びハードの欠陥、コンピューター・ウィルス、及び社内データベースの問題(顧客関連情報の漏洩、改ざん、消失等)が業務に及ぼすリスクは高まっております。当社はコンピューター・ウィルスの検知、及び除去用のファイアウォールの構築、アンチウィルス・ソフトの利用等、様々な予防策を採っておりますが、こうした問題の影響を完全に回避する、または軽減できない恐れがあります。これらは当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

(3)個人情報保護

 当社グループでは、ASP事業をアプリケーションソフトウェアの提供のみならず、アウトソーシング業務としてユーザー側のシステム作業も運用サービスとして行っており、顧客企業の従業員の勤怠管理などの個人情報を取り扱っております。個人情報の漏洩が社会問題となっておりますように、当社グループにおいてもそのような事態が発生した場合には、損害賠償や信用失墜といった有形無形の損害を被る可能性があります。

(4)システムダウンについて

 当社グループが行っているASP事業「まかせてネット」は、コンピュータシステムを結ぶ通信ネットワークに依存しており、自然災害や事故などによって、通信ネットワークが切断された場合には、サービスの提供は一時的に困難となります。また、サーバーが作動不能に陥ったり、外部からの不正な手段によるコンピュータ内への侵入等の犯罪あるいは役職員の過誤等によって、重要なデータを消去又は不正に入手される可能性もあります。

これらの障害が発生した場合には、当社グループのシステム自体への信頼性低下を招く可能性や損害賠償請求等が生じる可能性があります。

(5)人材育成

 当社グループが継続的成長を成し遂げていくために、人材はその重要な要素のひとつとして挙げられます。優秀な人材の獲得及びその育成が目論見通り進まなかった場合には、当社グループの成長を律速する要因となる可能性があります。

 

5【経営上の重要な契約等】

 特記すべき経営上の重要な契約等はありません。

 

6【研究開発活動】

 インターネット関連技術や次世代携帯端末技術及びセキュリティに関する技術革命に対応して、ASP事業(まかせてネット)の機能を拡張すべく、これら新技術等への調査研究を行っております。

当連結会計年度における研究開発費の総額は、30,269千円となっております。

 

7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)重要な会計方針

 当社グループの財務諸表は一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成されており、財政状態および経営成績に関する以下の分析が行われております。

① 収益の認識について

 当社グループの売上高は、ASP事業につきましては、役務提供サービスが提供された時点で計上され、システム受託開発事業のシステム及びシステム機器の販売につきましては、検収時点において計上しております。

② 貸倒引当金について

 当社グループは、顧客または取引先の支払不能時に発生する損失の見積額について、貸倒引当金を計上しております。貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。

③ 投資の減損について

 当社グループは、投資有価証券を所有しており、公開会社の時価のあるものと、非公開会社の時価のないものがあります。時価のあるものについては、事業年度末日の時価が50%以上取得価額を下回った場合に減損を行っております。また、時価のないものについては、状況に応じ個々の企業において時価が「著しく下落した」と判断するための合理的な基準を設け、当該基準に基づき回復可能性の判定とするかどうかを判断しております。

 

(2)財政状態の分析

(資産の部)

 当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末と比較して207,108千円減少し、2,834,678千円となりました。うち流動資産は886,169千円減少し1,715,512千円となり、固定資産は679,060千円増加し1,119,165千円となりました。

① 流動資産

 流動資産の減少886,169千円の主な要因は、現金及び預金が1,038,775千円減少し、1,311,366千円になったこと等によるものです。

② 固定資産

 固定資産の増加679,060千円の主な要因は、建物附属設備が10,950千円の増加、投資有価証券が350,360千円の増加に対して、建設仮勘定が129,246千円減少したこと等によるものです。

(負債の部)
 当連結会計年度末の負債合計は前連結会計年度末と比較して403,866千円減少し、349,500千円となりました。うち、流動負債は404,010千円減少し343,246千円となり、固定負債は143千円増加し6,253千円となりました。

① 流動負債

 流動負債の減少404,010千円の主な要因は、買掛金が12,516千円増加し135,230千円になったこと、未払法人税等が370,664千円減少し11,972千円になったこと、短期借入金が200,000千円減少したこと等によるものです。

② 固定負債

 固定負債の増加143千円の主な要因は、資産除去債務が143千円増加したことによるものです。

(純資産の部)

 当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末と比較して196,757千円増加し、2,485,177千円となりました。主な増減は、利益剰余金の増加137,486千円、その他有価証券評価差額金の増加17,375千円等によるものです。
 この結果、当連結会計年度末の流動資産の構成比は60.5%(前連結会計年度比25.0%減)、固定資産の構成比は39.5%(同25.0%増)、流動負債の構成比は12.1%(同12.5%減)となっております。

 

(3)流動性および資金の源泉

 「1 業績等の概要 (2)キャッシュ・フローの状況」に記載しております。

 

(4)経営成績の分析

 「1 業績等の概要 (1)業績」に記載しております。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当連結会計年度の設備投資額は402,208千円でその主なものは、機械及び装置363,418千円、構築物29,440千円、サーバー及びパソコン等設備9,350千円であります。

 

2【主要な設備の状況】

(1)提出会社

(平成27年1月31日現在)

 

事業所名

(所在地)

セグメントの名称

設備の内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(名)

建物

車両運搬具

工具、器具及び備品

合計

本社

(東京都大田区)

ASP事業

システムソリューション事業

全業務

5,623

140

32,972

38,736

41

(注)1 金額には、消費税等は含まれておりません。

2 本社事務所は全て賃借中のものであります。なお、上記建物の内訳は、主として事務所内装設備であります。

3 従業員は就業人員(使用人兼務役員を含む)であります。

 

(2)国内子会社

(平成27年1月31日現在)

 

会社名

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の

内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(名)

建物

機械及び装置

車両

運搬具

工具、器具及び備品

その他

合計

株式会社サクセスウェイ

本社

(東京都大田区)

物流ソリューション事業

全業務

164

164

8

株式会社JPパワー

本社

(東京都大田区)

その他事業

全業務

19,380

447,618

1,780

2,357

83,883

555,020

(注)1 金額には、消費税等は含まれておりません。

2 従業員は就業人員(使用人兼務役員を含む)であります。

3 帳簿価額のうち「その他」は構築物、建設仮勘定であります。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

(1)重要な設備の新設等

 該当事項はありません。

 

(2)重要な設備の除却等

 該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

24,000,000

24,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(平成27年1月31日)

提出日現在発行数(株)

(平成27年4月28日)

上場金融商品取引所

名又は登録認可金融

商品取引業協会名

内容

普通株式

6,152,300

6,152,300

東京証券取引所

JASDAQ

(スタンダード)

単元株式数は100株であります。

6,152,300

6,152,300

 (注)「提出日現在発行数」欄には、平成27年4月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使によ

    り発行された株式数は含まれておりません。

 

(2)【新株予約権等の状況】

株主総会の特別決議(平成24年4月25日)

 

事業年度末現在

(平成27年1月31日)

提出日の前月末現在

(平成27年3月31日)

新株予約権の数(個)

716

同左

新株予約権のうち自己新株予約権の数

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

同左

新株予約権の目的となる株式の数(株)(注)2

71,600

同左

新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)2

499

同左

新株予約権の行使期間

平成26年11月1日から平成34年1月31日まで

同左

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)(注)2

発行価格   499

資本組入額  249

同左

新株予約権の行使の条件

(注)1

同左

新株予約権の譲渡に関する事項

譲渡、質入れその他の処分は認められない

同左

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

(注)1 新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。

① 新株予約権者は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役もしくは、従業員そ

の他これに準ずる地位にあることを要するものとする。ただし、任期満了による退任、定年退職その他

取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。

② 新株予約権者が死亡した場合は、相続人による新株予約権の行使は認められないものとする。

③ 上記のほか、新株予約権の行使の条件は、新株予約権割当契約において定める。

2 平成25年8月1日付で株式分割(1株につき100株の割合)を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の発行価格及び資本組入額」が調整されております。

 

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4)【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

(5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金増減額

 

(千円)

資本金残高

 

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

平成22年2月1日-

平成23年1月31日(注)1

211

60,903

2,930

381,299

2,930

239,032

平成25年2月1日-

平成26年1月31日(注)2

6,029,397

6,090,300

381,299

239,032

平成26年2月1日-

平成27年1月31日(注)1

62,000

6,152,300

19,034

400,333

19,034

258,066

(注)1 新株予約権(ストックオプション)の権利行使による増加であります。

2 平成25年8月1日付で平成25年7月31日の株主名簿に記載された株主に対し、所有株式数を1株につき100株の割合をもって株式分割をいたしました。

 

(6)【所有者別状況】

平成27年1月31日現在

 

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数(人)

1

13

13

8

3

1,787

1,825

所有株式数

(単元)

94

973

20,108

2,365

20

37,955

61,515

800

所有株式数の割合(%)

0.15

1.58

32.68

3.84

0.03

61.70

100.00

(注)  自己株式 1,939,929株は「個人その他」19,399単元及び「単元未満株式の状況」に29株を含めて記載しております。

 

(7)【大株主の状況】

 

 

 

平成27年1月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数(株)

発行済株式

総数に対する

所有株式数

の割合(%)

株式会社MYホールディングス

東京都大田区羽田1丁目13-1-302

1,878,500

30.53

ステート ストリート バンク アンド トラスト カンパニー 505224(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

P.O.BOX 351 BOSTON MASSA CHUSETTS 02101 U.S.A (東京都中央区月島4-16-13)

200,000

3.25

鈴木 崇宏

東京都港区

160,500

2.60

株式会社オービック

東京都中央区京橋2-4-15

110,400

1.79

岡本 茂

埼玉県さいたま市大宮区

63,800

1.03

吉田 雅年

東京都大田区

54,000

0.87

枡田 浩司

愛知県知多郡武豊町

50,400

0.81

山本 望

千葉県船橋市

45,000

0.73

澤口 昭夫

岩手県盛岡市

45,000

0.73

柳津 博之

東京都杉並区

43,200

0.70

2,650,800

43.08

(注)1 上記の他、自己株式が1,939,929株あります。発行済株式総数に対する割合は31.53%となっております。

2 当期における主要株主の異動は以下のとおりであります。なお、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号の規定に基づき、主要株主の異動に関する臨時報告書を提出しております。

3 株式会社MYホールディングスは平成26年9月18日に主要株主である吉田雅年より当社株式を譲り受け、新たに主要株主となっております。

 

(8)【議決権の状況】

①【発行済株式】

平成27年1月31日現在

 

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式   1,939,900

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式

完全議決権株式(その他)

普通株式   4,211,600

42,116

同上

単元未満株式

普通株式      800

同上

発行済株式総数

6,152,300

総株主の議決権

42,116

(注)「単元未満株式」欄の普通株式のうち29株は自己株式であります。

 

②【自己株式等】

平成27年1月31日現在

 

所有者の氏名

又は名称

所有者の住所

自己名義

所有株式数

(株)

他人名義

所有株式数

(株)

所有株式数の

合計

(株)

発行済株式

総数に対する

所有株式数

の割合(%)

株式会社ジャストプランニング

東京都大田区西蒲田7-35-1

1,939,900

1,939,900

31.5

1,939,900

1,939,900

31.5

 

(9)【ストックオプション制度の内容】

 当社は、新株予約権方式によるストックオプション制度を採用しております。当該制度は会社法第236条、第238条及び第240条の規定に基づき、新株予約権を付与する方式により、当社取締役、監査役及び従業員並びに当社子会社取締役及び子会社従業員に対し、付与することを平成24年4月25日定時株主総会において決議されたものであります。

 当該制度の概要は以下のとおりであります。

第4回

決議年月日

平成24年4月25日

付与対象者の区分及び人数

取締役(4名)、監査役(1名)および従業員26名、子会社取締役及び子会社従業員7名

新株予約権の目的となる株式の種類

普通株式

株式の数(株)(注)3

140,800

新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)3

499

新株予約権の行使期間

平成26年11月1日から平成34年1月31日まで

新株予約権の行使の条件

(注)2

新株予約権の譲渡に関する事項

譲渡、質入れその他の処分は認められない。

代用払込みに関する事項

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

(注)1 株式の分割および調整前発行価額を下回る価額で新株を発行するときは、発行価額は次の算式により調整されます。計算の結果1円未満の端数を生じる場合、発行価額はこの端数を切り上げた額といたします。

調整後発行価額 =

既発行株式数×調整前発行価額+新発行株式数×1株当り払込金額

 

既発行株式数+分割・新規発行による増加株式数

 

2 新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。

① 新株予約権者は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役もしくは、従業員そ

の他これに準ずる地位にあることを要するものとする。ただし、任期満了による退任、定年退職その他

取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。

② 新株予約権者が死亡した場合は、相続人による新株予約権の行使は認められないものとする。

③ 上記のほか、新株予約権の行使の条件は、新株予約権割当契約において定める。

3 平成25年8月1日付で株式分割(1株につき100株の割合)を行っております。これにより、「株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」が調整されております。

 

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 該当事項はありません。

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 該当事項はありません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(-)

保有自己株式数

1,939,929

1,939,929

(注) 当期間における保有自己株数には、平成27年4月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式数は含めておりません。

 

3【配当政策】

 当社は、株主に対する利益還元を重要な経営課題として認識しており、将来の事業展開と経営体質の強化のために内部留保を確保しつつ、安定的な配当を継続して実施していくこととしております。

 当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。なお、当社は、毎年7月31日を基準として、取締役会の決議をもって、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。

 当期につきましてはこの基本方針に基づき、平成27年4月28日当社株主総会決議により、1株当たり18円の利益配当を実施することといたしました。なお、この場合の配当総額は75,822千円となります。

 内部留保資金につきましては、主として人材確保、システム研究開発、サーバー等のシステム設備投資および有力企業との提携を行うための投融資に充当する方針であります。

 

4【株価の推移】

(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

回次

第17期

第18期

第19期

第20期

第21期

決算年月

平成23年1月

平成24年1月

平成25年1月

平成26年1月

平成27年1月

最高(円)

84,100

76,900

70,500

79,700

※1,700

1,060

最低(円)

47,300

41,800

38,550

55,000

※579

629

(注)1 最高・最低株価は平成22年4月1日より大阪証券取引所JASDAQ市場におけるものであり、平成22年10月12日より大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、平成25年7月16日より東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、それ以前はジャスダック証券取引所におけるものであります。

2 ※印は、株式分割(平成25年8月1日、1株→100株)による権利落後の株価を示しております。

 

(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

月別

平成26年8月

平成26年9月

平成26年10月

平成26年11月

平成26年12月

平成27年1月

最高(円)

690

680

659

679

888

810

最低(円)

633

648

629

649

647

678

(注)最高・最低株価は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものです。

 

5【役員の状況】

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

会長

吉 田 雅 年

昭和39年6月8日生

昭和60年4月

日電東芝情報システム株式会社入社

(注)2

54,000

平成2年2月

エヌ・アイ・エル株式会社入社

平成3年8月

株式会社コム入社

平成6年3月

有限会社ジャストプランニング設立

代表取締役社長就任

平成10年6月

同社有限会社から株式会社へ組織変更

代表取締役社長就任

平成10年10月

有限会社ジャストクリエイト設立

代表取締役就任

平成12年3月

有限会社ジャストクリエイト清算に伴い同社代表取締役退任

平成15年9月

株式会社イーコンテクスト社外取締役就任

平成16年4月

当社代表取締役会長就任

平成17年1月

株式会社サクセスウェイ取締役就任(現任)

平成17年2月

株式会社ダイヨシトラスト取締役就任

平成19年4月

 

平成25年4月

 

平成25年4月

当社代表取締役退任

当社取締役会長就任(現任)

株式会社JPパワー代表取締役社長就任(現任)

株式会社MYホールディングス代表取締役社長就任(現任)

代表取締役

社長

鈴 木 崇 宏

昭和45年6月16日生

平成7年4月

扶桑電通株式会社入社

(注)2

160,500

平成8年10月

有限会社アイズプロジェクト入社

平成9年9月

有限会社インディゴブルー設立

平成12年5月

当社取締役システム開発事業部長就任

平成18年4月

当社取締役副社長就任

平成19年4月

平成24年11月

平成25年4月

当社代表取締役社長就任(現任)

株式会社IMC取締役就任(現任)

株式会社JPパワー取締役就任(現任)

取締役

副社長

山 本   望

昭和40年1月1日生

昭和60年4月

株式会社システマーズ入社

(注)2

45,000

昭和61年9月

N&Cソフトウェア株式会社入社

平成5年3月

セイコー電子工業株式会社入社

平成13年12月

当社入社

平成18年4月

当社情報システム部長就任

平成19年4月

平成23年4月

当社取締役就任

当社取締役副社長就任(現任)

取締役

IT研究開発

部長

岡 本   茂

昭和45年7月8日生

平成8年5月

有限会社アイズプロジェクト入社

(注)2

63,800

平成9年9月

有限会社インディゴブルー設立

平成12年5月

当社取締役IT研究開発部長就任

(現任)

取締役

管理部門

担当

佐久間   宏

昭和34年1月28日生

昭和58年4月

日本電気株式会社入社

(注)2

43,000

平成元年9月

アーサーアンダーセン入社

平成3年4月

クーパース&ライブランド入社

平成7年9月

スミス・バーニー証券会社入社

平成8年7月

ソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社入社

平成10年4月

佐久間公認会計士事務所開所(現業)

平成12年5月

当社取締役管理部長就任

平成12年12月

当社取締役就任(現任)

平成17年2月

株式会社サクセスウェイ監査役就任(現任)

平成17年7月

 

平成25年4月

平成26年1月

DAオフィス投資法人(現 大和証券オフィス投資法人)監督役員就任(現任)

株式会社JPパワー監査役就任(現任)

日本ヘルスケア投資法人監督役員

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数(株)

取締役

情報システム部長

牛 﨑 晋 一

昭和46年11月23日生

平成9年4月

平成12年11月

平成27年2月

平成27年4月

株式会社アスキー入社

当社入社

当社情報システム部長就任(現任)

当社取締役就任(現任)

(注)3

14,400

常勤監査役

籾 木   勲

昭和43年7月18日生

昭和62年4月

旭情報サービス株式会社入社

(注)4

1,000

平成元年2月

岐村会計事務所入所

平成10年9月

アローサービス株式会社入社

平成12年9月

当社監査役就任(現任)

監査役

山 田 浩 雅

昭和35年5月20日生

昭和58年4月

株式会社中央通商入社

(注)4

平成元年1月

エヌアイエル株式会社入社

平成3年4月

株式会社コム入社

平成7年10月

有限会社栄進経営情報設立(現 株式会社リアルビジョン)代表取締役就任(現任)

平成12年12月

当社監査役就任(現任)

監査役

渡 辺 満 雄

昭和21年9月26日生

昭和44年4月

株式会社アマンド洋菓子店入社

(注)4

昭和44年12月

株式会社紀文入社

平成9年9月

有限会社エムアールエス設立

代表取締役(現任)

平成22年4月

当社監査役就任(現任)

381,700

(注)1 監査役 山田浩雅及び渡辺満雄は社外監査役であります。

2 平成26年4月28日就任後、2年内の最終の決算期に関する定時株主総会の終結まで。

3 平成27年4月28日就任後、1年内の最終の決算期に関する定時株主総会の終結まで。

4 平成26年4月28日就任後、4年内の最終の決算期に関する定時株主総会の終結まで。

 

6【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの状況】

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 企業を取り巻く経営環境が大きく変化するなか、その変化に迅速に対応する経営体制の確立、並びに経営の健全性、透明性の確立は、コーポレート・ガバナンスの充実には必要不可欠と認識しております。当社は、企業倫理とコンプライアンスの重要性を認識し、企業の社会的責任を全うすることを経営上の重要な課題の一つとして位置づけております。そのために、現在の株主総会、取締役会、監査役会、会計監査人など、法律上の機能制度を一層強化・改善・整備しながら、コーポレート・ガバナンスを充実させていきたいと考えております。また、迅速かつ正確な情報開示に努めるとともに、経営の透明性を高めてまいります。

 

① 企業統治の体制

イ 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

(ⅰ) 会社の機関の説明

 当社は監査役会設置会社であり、監査役は常勤監査役1名、非常勤監査役2名であります。

(ⅱ) 会社の機関の内容及び業務執行・監査役監査の仕組み

 当社では健全な経営を推進するために、各事業部門に責任者として取締役を置き、各部門の実務を統括して経営の意思決定の迅速化と業務執行の責任の明確化を図っております。当社の取締役会は6名の取締役で構成され、法定の決議事項に加えて、各事業部門の業務執行及び法令の遵守の状況について、毎月の取締役会にて適宜報告され監視されています。監査役会は、常勤監査役1名、社外監査役2名で取締役の業務を監督しております。

(ⅲ) 企業統治の体制を採用する理由

 当社がこのような体制を採用している理由は、取締役会の意思決定及び業務執行に対し、監査役会による監査機能を設けることで、経営の健全性を確保するためであります。

 

  当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要図は以下のとおりであります。0104010_001.png

 

ロ リスク管理体制の整備の状況

 当社では、内部統制は企業の経営戦略や事業目的等を組織として機能させ、達成していく為の仕組みと、企業がその業務を適正かつ効率的に遂行する為に社内に運用されるプロセスを構築する事を目的としております。

 

 当社では、個人情報の保護ならびに企業情報の不正流失を防止するために、情報管理委員会を設置して各種情報の取り扱いをモニタリングし、必要な防止策を検討しております。また、法令遵守強化を図るため、法令・コンプライアンス委員会を設置して、企業活動の法令違反の有無と潜在的なリスクを事前に検知しうるよう努めております。

 委員会の活動・報告は、毎月の取締役会で報告されるとともに、監査役会及び内部監査にて、定期的に監査しております。

 

 事業上のリスクとしては、経営、法律、環境、事故、災害等さまざまなものが想定されます。

 日常の業務執行で生じるリスクについては、部門長会議で検討され、取締役会に報告されています。

 グループの事業活動に重大な影響を及ぼすおそれのある経営上のリスクについては、グループの経営会議で審議し、リスク管理を行っております。

 

② 内部監査・監査役監査の状況

(内部監査)

 システム監査室(2名)にて、年間内部監査計画を策定し、各部門及び関係会社の業務執行状況について、内部統制にかかる監査、コンプライアンスについて監査します。内部監査の結果は、取締役会長、代表取締役社長、各担当役員、取締役会に報告されるとともに、監査役会にも報告され、監査役監査との連携を図っています。

また、監査役は、有限責任 あずさ監査法人と定期的に会合を開催しており、監査方針、監査計画等の確認を行い、会計監査の実施状況について意見交換、情報交換を行うことで、監査の実効性及び効率性の向上につとめております。さらに、監査役は、システム監査室と定期的に会合を開催し、システム監査室から内部統制の確立に関して報告を受けて監査の実効性の向上に努めております。

 

(監査役監査)

 監査役は3名で、うち1名は常勤監査役であります。

 各監査役は、各監査役間で定めた監査方針、監査計画等に従い、取締役会その他重要な会議への出席、各取締役や内部監査等からの執行状況聴取を実施しております。また、代表取締役との意見交換を実施しております。

 

③ 会計監査の状況

 有限責任 あずさ監査法人と監査契約を結び正しい経営情報を提供し、公正不偏な立場から監査が実施される環境を整備しております。

 会計監査の状況は次のとおりであります。

イ 業務を執行した公認会計士の氏名

指定有限責任社員 業務執行社員:公認会計士  塚原 克哲

指定有限責任社員 業務執行社員:公認会計士  石井 伸幸

ロ 監査業務にかかる補助者の人数 公認会計士 4名 その他 2名

(注)1.指定有限責任社員の継続監査年数につきましては、全員7年以内であるため、記載を省略しております。

   2.監査業務に関わる補助者の構成は、監査法人の決定に基づき決定されております。

 

④ 社外取締役及び社外監査役

イ 社外取締役及び社外監査役の員数並びに当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係

 当社の社外監査役は2名であり、経営の意思決定機能と、取締役及び執行役員による業務執行を管理監督する機能を持つ取締役会に対し、監査役3名中2名を社外監査役とすることで経営への監視機能を強化しております。

 また、当社は、社外監査役が円滑に経営に対する監査と監視を実行できるよう、内部統制部門と連携のもと、必要に応じて資料の提供や事情説明を行う体制をとっております。
 コーポレート・ガバナンスにおいて、外部からの客観的、中立の経営監視の機能が重要と考えており、社外監査役2名による監査が実施されることにより、外部からの経営監視機能が十分に機能する体制が整っているため、社外取締役を選任せず、現状の体制としております。

  当社と社外監査役との間に特別の利害関係はありません。

 

ロ 社外監査役が当社の企業統治において果たす機能及び役割

 社外監査役が企業統治において果たす役割及び機能は、高い独立性及び専門的な見地から、客観的かつ適切な監視、監督を行うことにより、当社の企業統治の有効性を高める機能及び役割を担っていると考えております。社外監査役の選任状況に関する考え方については、当社の現在の監査役は監査機能を十分に発揮し、客観的な立場で適切に監査しており、当社の企業統治の有効性を高める機能及び役割を担っていると考えております。

 当社の企業統治において、社外監査役の専門的かつ客観的な視点や、意見具申は有用であると考えております。社外監査役の独立性に関する基準や方針は明確には定めておりませんが、当社との人的関係、資本的関係または取引関係などの特別な利害関係がなく、高い見識に基づき当社の経営監視ができる人材を求める方針としております。

  また、社外監査役である渡辺満雄氏は、東京証券取引所の定めに基づき同取引所へ独立役員として届け出ております。

 

ハ 社外監査役による監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携

 社外監査役と常勤監査役とは、監査役会において適宜、報告及び意見交換をしております。

 また、会計監査人との相互の連携を図るために、適宜、情報交換及び意見交換をしております。

 

⑤ 役員の報酬等

イ 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる役員の員数(名)

基本報酬

ストック

オプション

賞与

退職慰労金

取締役

 61,743

58,600

3,143

6

監査役

(社外監査役を除く)

 6,749

6,540

209

1

社外役員

 378

378

1

ロ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

 連結報酬額の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。

ハ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

総額(千円)

対象となる役員の員

数(名)

内容

 31,560

 3

 使用人としての給与であります。

ニ 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

 当社は株主総会の決議により 定められた報酬限度額(取締役 年額150,000千円以内、監査役 年額

 18,000千円以内)という範囲内で、当社の業績向上及び企業価値の増大への貢献を勘案しつつ、基づ

 き、その役位に応じて決定しております。

 

⑥ 株式の保有状況

イ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

  銘柄数           4銘柄

  貸借対照表計上額の合計額  89,871千円

ロ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

  前事業年度

   該当する株式は保有しておりません。

 

  当事業年度

   特定投資株式

 銘柄

 株式数(株)

貸借対照表計上額(千円)

 保有目的

日本航空株式会社

12,000

48,120

 株主優待目的

ANAホールディングス株式会社

100,000

32,620

 株主優待目的

 

ハ 保有目的が純投資目的である投資株式は保有しておりません。

 

⑦ 取締役の員数

 当社の取締役は30名以内とする旨を定款で定めております。

 

⑧ 取締役の選任および解任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、およびその決議は累積投票によらない旨定款に定めております。

 

⑨ 株主総会の特別決議要件

 当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

⑩ 取締役会で決議することができる株主総会決議事項

 当社は、取締役会の決議をもって、会社法第165条第2項の規定に基づき自己株式の取得を行うことができる旨および会社法第454条第5項の規定に基づき中間配当を行うことができる旨定款に定めております。

 これは、自己株式の取得および中間配当を、経営環境の変化に対応してより機動的に実施できるようにするためであります。

 

⑪ 会社とコーポレート・ガバナンスの充実に向けた取組みの最近1年間における実施状況

 個人情報の保護ならびに企業情報の不正流失を防止するために、システム統括本部にて各種情報の取り扱いをモニタリングし、必要な防止策を講じています。また、グループ会社における管理方式の見直しを行い、当社グループ全体での内部統制の統一に取り組んでいます。さらに、グループ全体の経営の活動や報告を監視し、企業活動の法令違反の有無と潜在的なリスクを検討するため、当社グループの経営者が参加して行われるグループ経営会議を毎月実施しています。

 

(2)【監査報酬の内容等】

①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に

基づく報酬(千円)

非監査業務に

基づく報酬(千円)

監査証明業務に

基づく報酬(千円)

非監査業務に

基づく報酬(千円)

提出会社

22,000

21,900

連結子会社

22,000

21,900

 

②【その他重要な報酬の内容】

 該当事項はありません。

 

③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

 該当事項はありません。

 

④【監査報酬の決定方針】

 当社は、監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針を特に定めておりませんが、監査報酬の適正性について、監査日数、当社の規模及び業務の性質等を考慮し、毎事業年度検討しております。

 

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第 127 条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成26年2月1日から平成27年1月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成26年2月1日から平成27年1月31日まで)の財務諸表について有限責任 あずさ監査法人により監査を受けております。

 

3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っています。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することが出来る体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、同機構が主催する研修会等に積極的に参加しております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(平成26年1月31日)

当連結会計年度

(平成27年1月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

2,350,141

1,311,366

売掛金

206,387

230,422

商品

988

1,025

原材料

202

788

繰延税金資産

37,933

2,473

その他

30,169

181,851

貸倒引当金

24,141

12,414

流動資産合計

2,601,682

1,715,512

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物(純額)

14,052

25,003

機械及び装置(純額)

447,618

建設仮勘定

175,165

45,918

その他(純額)

43,753

75,380

有形固定資産合計

※1 232,971

※1 593,921

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

93,310

71,552

電話加入権

424

424

無形固定資産合計

93,735

71,977

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

※2 39,188

※2 389,548

繰延税金資産

41,160

31,613

その他

43,527

111,014

貸倒引当金

10,478

78,911

投資その他の資産合計

113,397

453,265

固定資産合計

440,104

1,119,165

資産合計

3,041,786

2,834,678

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(平成26年1月31日)

当連結会計年度

(平成27年1月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

122,714

135,230

短期借入金

200,000

未払法人税等

382,636

11,972

繰延税金負債

4,820

賞与引当金

1,480

1,604

その他

40,425

189,618

流動負債合計

747,256

343,246

固定負債

 

 

資産除去債務

6,109

6,253

固定負債合計

6,109

6,253

負債合計

753,366

349,500

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

381,299

400,333

資本剰余金

239,032

258,066

利益剰余金

3,093,531

3,231,018

自己株式

1,463,611

1,463,611

株主資本合計

2,250,252

2,425,807

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

17,375

その他の包括利益累計額合計

17,375

新株予約権

10,311

8,254

少数株主持分

27,855

33,740

純資産合計

2,288,420

2,485,177

負債純資産合計

3,041,786

2,834,678

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】

【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成25年2月1日

 至 平成26年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成26年2月1日

 至 平成27年1月31日)

売上高

1,833,973

1,851,564

売上原価

992,800

979,683

売上総利益

841,173

871,881

販売費及び一般管理費

※1,※2 417,619

※1,※2 427,991

営業利益

423,554

443,889

営業外収益

 

 

受取家賃

480

480

受取利息

410

1,785

受取配当金

4,626

1,260

その他

514

346

営業外収益合計

6,030

3,871

営業外費用

 

 

支払利息

1,066

54

支払手数料

611

172

持分法による投資損失

7,346

34,056

雑損失

0

16

営業外費用合計

9,025

34,300

経常利益

420,560

413,460

特別利益

 

 

投資有価証券売却益

704,983

20,000

特別利益合計

704,983

20,000

特別損失

 

 

貸倒引当金繰入額

65,457

投資有価証券評価損

477

固定資産除却損

※3 5,934

特別損失合計

6,412

65,457

税金等調整前当期純利益

1,119,130

368,003

法人税、住民税及び事業税

465,071

101,418

法人税等調整額

33,286

40,205

法人税等合計

431,785

141,624

少数株主損益調整前当期純利益

687,345

226,379

少数株主利益

3,658

5,884

当期純利益

683,687

220,494

 

【連結包括利益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成25年2月1日

 至 平成26年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成26年2月1日

 至 平成27年1月31日)

少数株主損益調整前当期純利益

687,345

226,379

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

313,200

17,375

その他の包括利益合計

※1 313,200

※1 17,375

包括利益

374,145

243,754

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

370,487

237,869

少数株主に係る包括利益

3,658

5,884

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 平成25年2月1日 至 平成26年1月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

381,299

239,032

2,495,927

1,028,776

2,087,483

当期変動額

 

 

 

 

 

新株の発行(新株予約権の行使)

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

86,083

 

86,083

当期純利益

 

 

683,687

 

683,687

自己株式の取得

 

 

 

434,834

434,834

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

597,604

434,834

162,769

当期末残高

381,299

239,032

3,093,531

1,463,611

2,250,252

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

新株予約権

少数株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

313,200

313,200

2,421

24,197

2,427,302

当期変動額

 

 

 

 

 

新株の発行(新株予約権の行使)

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

86,083

当期純利益

 

 

 

 

683,687

自己株式の取得

 

 

 

 

434,834

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

313,200

313,200

7,890

3,658

301,651

当期変動額合計

313,200

313,200

7,890

3,658

138,881

当期末残高

10,311

27,855

2,288,420

 

当連結会計年度(自 平成26年2月1日 至 平成27年1月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

381,299

239,032

3,093,531

1,463,611

2,250,252

当期変動額

 

 

 

 

 

新株の発行(新株予約権の行使)

19,034

19,034

 

 

38,068

剰余金の配当

 

 

83,007

 

83,007

当期純利益

 

 

220,494

 

220,494

自己株式の取得

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

19,034

19,034

137,486

175,554

当期末残高

400,333

258,066

3,231,018

1,463,611

2,425,807

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

新株予約権

少数株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

10,311

27,855

2,288,420

当期変動額

 

 

 

 

 

新株の発行(新株予約権の行使)

 

 

 

 

38,068

剰余金の配当

 

 

 

 

83,007

当期純利益

 

 

 

 

220,494

自己株式の取得

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

17,375

17,375

2,057

5,884

21,202

当期変動額合計

17,375

17,375

2,057

5,884

196,757

当期末残高

17,375

17,375

8,254

33,740

2,485,177

 

④【連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成25年2月1日

 至 平成26年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成26年2月1日

 至 平成27年1月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前当期純利益

1,119,130

368,003

減価償却費

46,782

48,933

貸倒引当金の増減額(△は減少)

5,268

8,751

受取利息及び受取配当金

5,036

3,045

支払利息

1,066

54

貸倒引当金繰入額

65,457

投資有価証券評価損益(△は益)

477

投資有価証券売却損益(△は益)

704,983

20,000

固定資産除却損

5,934

持分法による投資損益(△は益)

7,346

34,056

売上債権の増減額(△は増加)

6,599

29,096

破産更生債権等の増減額(△は増加)

8,685

5,394

仕入債務の増減額(△は減少)

14,605

12,516

その他

14,263

792

小計

502,770

472,729

利息及び配当金の受取額

5,036

3,045

利息の支払額

1,066

54

法人税等の支払額

190,856

603,928

営業活動によるキャッシュ・フロー

315,884

128,208

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

定期預金の預入による支出

1,050,000

650,000

定期預金の払戻による収入

750,000

1,500,000

有形固定資産の取得による支出

234,793

401,332

有形固定資産の売却による収入

88,038

無形固定資産の取得による支出

22,517

875

投資有価証券の取得による支出

96,905

362,420

投資有価証券の売却による収入

1,019,590

25,000

事業譲受による支出

18,467

その他

868

11,201

投資活動によるキャッシュ・フロー

364,505

191,144

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

短期借入れによる収入

400,000

300,000

短期借入金の返済による支出

200,000

500,000

配当金の支払額

85,722

82,649

自己株式の取得による支出

434,834

新株予約権の行使による株式の発行による収入

30,938

財務活動によるキャッシュ・フロー

320,557

251,711

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

359,833

188,775

現金及び現金同等物の期首残高

940,308

1,300,141

現金及び現金同等物の期末残高

1,300,141

1,111,366

 

【注記事項】
(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

1 連結の範囲に関する事項

連結子会社の数  2

連結子会社の名称

 株式会社サクセスウェイ

 株式会社JPパワー

子会社は、全て連結しております。

2 持分法の適用に関する事項

 持分法適用の関連会社の数 1

 持分法適用関連会社の名称

  株式会社IMC

3 連結子会社の事業年度等に関する事項

 連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。

4 持分法適用関連会社の事業年度に関する事項

  持分法適用関連会社については、決算日が連結決算日と異なるため、仮決算に基づく財務諸表を使用しておりま

  す。

5 会計処理基準に関する事項

(1)重要な資産の評価基準及び評価方法

① 有価証券

その他有価証券

時価のあるもの

 連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法により算定)

時価のないもの

 移動平均法による原価法

投資事業有限責任組合に関する会計処理

 組合契約に規定される決算報告書に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で取

り込む方法によっております。

② たな卸資産

商品  総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)

原材料 最終仕入原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)

(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

① 有形固定資産(リース資産を除く)

 定率法

 ただし、建物については定額法を採用しております。

 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。

建物         10-15年

機械及び装置       17年

② 無形固定資産(リース資産を除く)

 自社利用に用いるソフトウェアは、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。

(3)重要な引当金の計上基準

① 貸倒引当金

 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。

② 賞与引当金

 従業員の賞与支給に備えて、賞与支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しております。

(4)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

 手元現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっております。

(5)その他連結財務諸表作成の為の重要な事項

 消費税等の会計処理

消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。

(連結貸借対照表関係)

※1 有形固定資産の減価償却累計額

前連結会計年度   

(平成26年1月31日)

当連結会計年度   

(平成27年1月31日)

194,671千円

216,048千円

 

※2 関連会社に対するものは、次のとおりであります。

前連結会計年度

(平成26年1月31日)

当連結会計年度

(平成27年1月31日)

投資有価証券(株式)

34,056千円

 

0千円

 

(連結損益計算書関係)

※1 販売費及び一般管理費の主なもの

 

前連結会計年度

(自 平成25年2月1日

  至 平成26年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成26年2月1日

  至 平成27年1月31日)

給与手当

95,846千円

99,480千円

役員報酬

76,452

81,238

法定福利費

37,707

40,960

旅費交通費

31,904

32,699

通信費

13,669

15,516

広告宣伝費

4,441

5,869

地代家賃

22,032

24,619

賞与引当金繰入額

632

648

減価償却費

3,472

5,991

 

※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

前連結会計年度      

(自 平成25年2月1日  

  至 平成26年1月31日)

当連結会計年度      

(自 平成26年2月1日  

  至 平成27年1月31日)

33,386千円

30,269千円

 

 

※3 固定資産除却損

前連結会計年度

(自 平成25年2月1日

  至 平成26年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成26年2月1日

  至 平成27年1月31日)

ソフトウェア仮勘定

5,934千円

 

-千円

 

(連結包括利益計算書関係)

※1 その他包括利益に係る組替調整額及び税効果額

 

前連結会計年度

(自 平成25年2月1日

至 平成26年1月31日)