【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2019年6月21日

【事業年度】

第70期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

【会社名】

世紀東急工業株式会社

【英訳名】

SEIKITOKYU KOGYO CO., LTD.

【代表者の役職氏名】

取締役社長  平  喜 一

【本店の所在の場所】

東京都港区芝公園二丁目9番3号

【電話番号】

03(3434)3251(代表)

【事務連絡者氏名】

管理本部財務部長  川 野 隆 紀

【最寄りの連絡場所】

東京都港区芝公園二丁目9番3号

【電話番号】

03(3434)3251(代表)

【事務連絡者氏名】

管理本部財務部主計グループリーダー  若 林 直 之

【縦覧に供する場所】

世紀東急工業株式会社 北関東支店

(さいたま市浦和区高砂二丁目1番1号)

世紀東急工業株式会社 東関東支店

(千葉市中央区村田町1106番地)

世紀東急工業株式会社 横浜支店

(横浜市都筑区荏田南三丁目1番31号)

世紀東急工業株式会社 名古屋支店

(名古屋市千種区今池五丁目24番32号)

世紀東急工業株式会社 関西支店

(大阪市北区野崎町7番8号)

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E00176 18980 世紀東急工業株式会社 SEIKITOKYU KOGYO CO., LTD. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP true cns cns 2018-04-01 2019-03-31 FY 2019-03-31 2017-04-01 2018-03-31 2018-03-31 1 false false false E00176-000 2019-06-21 E00176-000 2014-04-01 2015-03-31 E00176-000 2015-04-01 2016-03-31 E00176-000 2016-04-01 2017-03-31 E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 E00176-000 2015-03-31 E00176-000 2016-03-31 E00176-000 2017-03-31 E00176-000 2018-03-31 E00176-000 2019-03-31 E00176-000 2014-04-01 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2015-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00176-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00176-000:PavementMaterialManufacturingAndSalesReportableSegmentsMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00176-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E00176-000:PavementMaterialManufacturingAndSalesReportableSegmentsMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00176-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp030000-asr_E00176-000:PavementMaterialManufacturingAndSalesReportableSegmentsMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesTreasurySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00176-000 2019-06-21 jpcrp_cor:Row1Member E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:ToshiakiSatoMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:YoshikazuTairaMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:TsukasaFurukawaMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:KimioHiramotoMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:KazushiIshidaMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:TsuneoIizukaMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:ShinyaFukudaMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:MasatoTamuraMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:MasayukiKoideMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:YoshihikoSuzukiMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:AtsuyoshiMaenoMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp030000-asr_E00176-000:YouichiSaitouMember E00176-000 2019-06-21 jpcrp_cor:Row2Member E00176-000 2019-06-21 jpcrp_cor:Row3Member E00176-000 2019-06-21 jpcrp_cor:Row4Member E00176-000 2019-06-21 jpcrp_cor:Row5Member E00176-000 2019-06-21 jpcrp_cor:Row6Member E00176-000 2019-06-21 jpcrp_cor:Row7Member E00176-000 2019-06-21 jpcrp_cor:Row8Member E00176-000 2019-06-21 jpcrp_cor:Row9Member E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsAndOtherOfficersMember E00176-000 2018-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00176-000 2018-03-31 jpcrp_cor:Row2Member E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:RemeasurementsOfDefinedBenefitPlansMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jpcrp030000-asr_E00176-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jpcrp030000-asr_E00176-000:PavementMaterialManufacturingAndSalesReportableSegmentsMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00176-000 2018-03-31 jpcrp030000-asr_E00176-000:ConstructionReportableSegmentsMember E00176-000 2018-03-31 jpcrp030000-asr_E00176-000:PavementMaterialManufacturingAndSalesReportableSegmentsMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00176-000 2018-03-31 jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E00176-000 2018-03-31 jpcrp_cor:OperatingSegmentsNotIncludedInReportableSegmentsAndOtherRevenueGeneratingBusinessActivitiesMember E00176-000 2018-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00176-000 2019-03-31 jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationDifferenceOnAvailableForSaleSecuritiesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E00176-000 2019-03-31 jppfs_cor:ValuationAndTranslationAdjustmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:pure xbrli:shares

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第66期

第67期

第68期

第69期

第70期

決算年月

2015年3月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

売上高

(百万円)

63,542

74,634

70,075

81,659

74,036

経常利益

(百万円)

4,487

6,261

6,338

6,239

5,584

親会社株主に帰属する
当期純利益

(百万円)

4,365

5,682

5,621

2,274

3,480

包括利益

(百万円)

4,899

4,754

5,527

2,712

3,822

純資産額

(百万円)

17,083

21,231

26,072

28,098

31,543

総資産額

(百万円)

56,079

57,544

66,444

72,192

70,906

1株当たり純資産額

(円)

423.19

525.96

645.90

696.09

780.73

1株当たり当期純利益金額

(円)

108.13

140.78

139.26

56.35

86.16

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

30.5

36.9

39.2

38.9

44.5

自己資本利益率

(%)

29.2

29.7

23.8

8.4

11.7

株価収益率

(倍)

4.79

3.35

3.81

12.21

6.84

営業活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

2,862

6,679

6,949

6,303

4,781

投資活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,234

1,658

4,896

2,231

1,777

財務活動による
キャッシュ・フロー

(百万円)

1,604

1,603

1,815

1,684

2,005

現金及び現金同等物の
期末残高

(百万円)

5,064

8,482

12,350

14,737

15,735

従業員数

(人)

825

863

904

896

907

〔外、平均臨時雇用者数〕

〔   279

〔   275

〔   275

〔   274

〔   274

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 △印はマイナスを示しております。

3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4 2014年10月1日付で、普通株式につき5株を1株とする株式併合を行ったため、第66期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益金額を算定しております。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第66期

第67期

第68期

第69期

第70期

決算年月

2015年3月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

売上高

(百万円)

62,125

72,742

66,046

77,770

69,958

経常利益

(百万円)

4,239

5,956

5,829

5,743

5,034

当期純利益

(百万円)

4,167

5,467

5,265

1,977

3,117

資本金

(百万円)

2,000

2,000

2,000

2,000

2,000

発行済株式総数

(千株)

40,414

40,414

40,414

40,414

40,414

純資産額

(百万円)

16,854

21,699

26,291

27,581

30,312

総資産額

(百万円)

55,451

56,842

63,786

71,121

69,422

1株当たり純資産額

(円)

417.53

537.56

651.32

683.28

750.25

1株当たり配当額

(円)

15.00

17.00

17.00

10.00

27.00

〔うち1株当たり中間配当額〕

〔   ―〕

〔   ―〕

〔   ―〕

〔   ―〕

〔     ―〕

1株当たり当期純利益金額

(円)

103.24

135.43

130.43

49.00

77.17

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

30.4

38.2

41.2

38.8

43.7

自己資本利益率

(%)

27.7

28.4

21.9

7.3

10.8

株価収益率

(倍)

5.02

3.48

4.07

14.04

7.63

配当性向

(%)

14.5

12.6

13.0

20.4

35.0

従業員数

(人)

802

819

808

836

846

〔外、平均臨時雇用者数〕

〔   237

〔   232

〔   217

〔   224

〔   225

株主総利回り

(%)

86.7

81.8

94.3

121.5

109.8

〔比較指標:

配当込みTOPIX〕

(%)

130.7

116.5

133.7

154.9

147.1

最高株価

(円)

635

(137)

655

588

747

800

最低株価

(円)

490

( 91)

441

423

500

568

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 第66期の1株当たり配当額15円には、特別配当5円を含んでおります。

4 第67期および第68期の1株当たり配当額17円には、特別配当7円を含んでおります。

5 2014年10月1日付で、普通株式につき5株を1株とする株式併合を行ったため、第66期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益金額を算定しております。

6 最高株価および最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。なお、第66期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、(  )内に株式併合前の最高・最低株価を記載しております。

 

 

 

2 【沿革】

当社は1950年1月に世紀建設工業株式会社として設立されました。その後、1962年4月に世紀建設株式会社と商号変更をいたしました。1982年5月に東急建設株式会社の子会社であった東急道路株式会社と合併し、世紀東急工業株式会社と商号変更をいたしました。

当社の設立後の変遷は次のとおりであります。

1950年1月

世紀建設工業株式会社を資本金1百万円にて設立

1950年2月

建設業法による建設大臣登録第1499号登録完了(以後2年ごとに登録更新)

1962年4月

世紀建設株式会社に商号変更

1966年1月

札幌支店(2001年4月より北海道支店)、仙台支店(1990年6月より東北支店)、北陸支店、東京支店、名古屋支店、大阪支店、広島支店(1990年6月より中国支店)および福岡支店(1990年6月より九州支店)を設置

1973年9月

東京証券取引所市場第二部へ株式上場

1973年10月

建設業法改正により建設大臣許可(特―48)第1962号の許可を受ける(以後3年ごと(1997年以後は5年ごと)に許可更新)

1980年5月

宅地建物取引業法による建設大臣免許(1)第2810号を取得(以後3年ごとに2004年まで免許更新)

1982年5月

東急道路株式会社と合併し世紀東急工業株式会社に商号変更

1982年5月

東関東支店および横浜支店を設置

1982年11月

東京証券取引所市場第一部へ指定替え

1985年7月

定款の一部を変更し、事業目的にスポーツ施設の経営ならびに会員券の売買および仲介を追加

1985年8月

東京支店を東京支社に名称変更

1989年4月

四国支店を設置

1989年6月

定款の一部を変更し、事業目的に産業廃棄物の処理に係る事業およびその再生製品の製造、販売ならびに土木建築工事用機械器具の製造、修理、販売および賃貸を追加

1990年4月

藤川建設株式会社(現 エスティ建材株式会社・連結子会社)の全株式取得

1990年12月

エス・ティ・マシーナリー・サービス株式会社(現 エス・ティ・サービス株式会社・連結子会社)を設立

1993年4月

開発事業部、建築事業部および関東製販部を本社機構から支社店・事業部機構へ移行し、関東製販部を関東合材事業部に名称変更

1994年4月

東京支社関東支店を東京支社より分離独立し、支店機構の関東支店(2000年4月より北関東支店)として設置、また東京支社を東京支店に名称変更

1994年6月

定款の一部を変更し、事業目的の産業廃棄物の処理に係る事業およびその再生製品の製造、販売を、産業廃棄物の収集、運搬および処分ならびに産業廃棄物の再生製品の製造、販売に変更

1995年4月

開発事業部を廃止

1995年9月

新世紀工業株式会社(現 連結子会社)の全株式取得

1998年4月

関東合材事業部を廃止

1999年4月

東京支店および横浜支店を管轄する関東西南支店(2000年4月より関東第一支店)を設置

2000年4月

東関東支店および北関東支店を管轄する関東第二支店ならびに沖縄支店を設置

2002年4月

東京支店、横浜支店、東関東支店および北関東支店を廃止

2002年4月

中国支店および四国支店を管轄する中四国支店を設置

2003年2月

関東第二支店に千葉支店を設置

2003年4月

関東第一支店および関東第二支店を廃止し、関東支店を設置、また千葉支店を関東支店の管轄に変更

2003年4月

大阪支店および中四国支店を廃止し、関西支店を設置、また中国支店および四国支店を関西支店の管轄に変更

2003年4月

沖縄支店を九州支店の管轄に変更

2003年4月

建築事業部を廃止

2004年4月

宅地建物取引業法による東京都知事免許(1)第83097号を取得(以後5年ごとに免許更新)

2006年4月

関東支店を本社に編入し、北関東支店、東関東支店、東京支店、横浜支店、関東製販事業部を設置

2006年4月

関西支店を分割し、関西支店、中国支店を設置、また四国支店を中国支店の管轄に変更

2009年4月

四国支店を廃止

2011年1月

沖縄支店を廃止

2011年4月

関東支店を設置

2011年4月

中国支店を関西支店の管轄に変更

2014年8月

クマレキ工業株式会社(現 連結子会社)の全株式取得

2015年4月

中国支店を関西支店より分離独立し、中四国支店に名称変更

2015年4月

株式会社孝松工務店(現 連結子会社)の全株式取得

2016年4月

北関東支店、東関東支店、東京支店、横浜支店および関東製販事業部を、本社機構から支店・事業部機構に変更

2017年12月

宅地建物取引業法による東京都知事免許(13)第83097号を返納

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、舗装・土木を主とする建設事業及び舗装資材の製造販売等を営んでいる当社(世紀東急工業㈱)、子会社8社、関連会社2社及びその他の関係会社2社で構成されております。
 当社グループ各社の主な事業内容と当該事業における位置付けは次のとおりであります。

なお、当社グループは東京急行電鉄㈱を中心とする東急グループの一員であります。

 

 

建設事業…………

当社と子会社であるやまびこ工業㈱、みちのく工業㈱、新世紀工業㈱、エスティ建材㈱、クマレキ工業㈱、㈱孝松工務店及び中外エンジニアリング㈱、関連会社であるガルフシール工業㈱が営んでおります。
その他の関係会社である東急建設㈱及び東京急行電鉄㈱からは、工事の一部を受注しております。

舗装資材製造……
販売事業

当社と子会社である新世紀工業㈱、エスティ建材㈱及び関連会社である能登アスコン㈱が営んでおります。
新世紀工業㈱、エスティ建材㈱及び能登アスコン㈱からは製造された舗装資材の一部を購入し、また、当社からも新世紀工業㈱へ同様の製品の一部を販売しております。

その他……………

当社は上記の事業の他にも不動産事業等を営んでおります。
子会社であるエス・ティ・サービス㈱は建設機械の販売及び自動車等のリース事業を営んでおり、当社はその一部を購入または賃借しております。

 

 

 

 


 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な事業
の内容

議決権の所有
(被所有)割合
(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

新世紀工業株式会社

奈良県大和郡山市

49

建設事業、
舗装資材製造販売事業

100.00

当社に対し舗装資材の供給をしている。
 役員の兼任 有

エスティ建材株式会社

福岡市西区

20

建設事業、
舗装資材製造販売事業

100.00

当社に対し舗装資材の供給をしている。
 役員の兼任 有

エス・ティ・サービス株式会社

東京都港区

50

その他

100.00

当社に対し自動車等の賃貸及び販売をしている。
 役員の兼任 有

その他4社

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

東京急行電鉄株式会社 ※1

東京都渋谷区

121,724

交通事業、不動産事業、その他事業

(3.96)
[0.16]
<22.13>

当社が舗装・土木工事等の請負をしている。

東急建設株式会社 ※1

東京都渋谷区

16,354

建設事業、
その他事業

(22.13)

当社が舗装・土木工事等の請負及び舗装資材の販売をしている。
 役員の兼任 有

 

(注) 1 上記連結子会社の主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2 議決権の所有(被所有)割合の[ ]内は、間接所有割合で内数、< >内は、緊密な者又は同意している者の所有割合で外数となっております。

3 ※1 有価証券報告書を提出しております。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

2019年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

建設事業

650

176

舗装資材製造販売事業

131

〔 59

その他

1

〔  3

全社(共通)

125

〔 36

合計

907

274

 

(注) 1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

 

(2) 提出会社の状況

2019年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

846

225

42.0

15.6

7,214,318

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

建設事業

601

144

舗装資材製造販売事業

124

〔 50

その他

1

〔 -〕

全社(共通)

120

〔 31

合計

846

225

 

(注) 1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 上記従業員数には、嘱託89名、出向社員26名は含まれておりません。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりません。

 

第2 【事業の状況】

1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

(1) 会社の経営の基本方針

当社は、「豊かな地域社会づくりに貢献する生活基盤創造企業」を標榜し、社会資本の整備を責務として事業を展開しております。当社グループにおいてはこの考え方をもとに、道路建設を主軸に土木、水利・環境、舗装資材の製造販売等の事業領域を確保し、社会基盤整備の担い手として、健全な発展と存続を目指しております。

 

(2) 経営環境及び会社の対処すべき課題等

道路建設業界におきましては、ここ数年の間は堅調な建設需要が見込まれる一方、中長期的には、2020年の東京オリンピック・パラリンピック以降における建設投資の不透明感、資機材の需給・価格動向、少子高齢化による社会構造の変化など、多くの懸念材料が存在しており、当社グループが将来にわたり、安定的・継続的に収益を確保していくためには、こうした環境の変化に対する十分な備えと迅速・柔軟かつ的確な対応が必要不可欠であると認識いたしております。
 このような状況のなか、当社グループでは、「持続的成長へのチャレンジ」を基本方針とする、「中期経営計画(2018-2020年度)」に基づき、中核事業の競争力強化に加え、企業価値向上に資する成長投資の実践、担い手確保に向けた働き方改革、コーポレート・ガバナンスの充実など、数年先、そしてその先の将来を見据えた諸施策を着実に推進するとともに、安全・品質の確保や環境保全、コンプライアンスに対する取り組みについても一層注力するなど、今後とも「豊かな地域社会づくりに貢献する生活基盤創造企業」としての責務を誠実に果たし、社会からの信頼に応え、中長期的な企業価値の向上に邁進してまいる所存でございます。

なお、当社は、過年度における東京都、東京港埠頭株式会社および成田国際空港株式会社が発注する舗装工事の入札に関し、独占禁止法に違反する行為があったとして、2018年6月7日、国土交通省より「全国における舗装工事業に関する営業のうち、公共工事又は民間工事に係るもの」について30日間(2018年6月22日から2018年7月21日まで)の営業停止処分を受けました。また、当社は、アスファルト合材の製造販売業者が共同して、アスファルト合材の販売価格の引き上げを決定していた疑いがあるとして、過年度において公正取引委員会の立入検査を受けておりましたが、2019年3月6日、同委員会から排除措置命令書(案)および課徴金納付命令書(案)に関する意見聴取通知書を受領しました。当社といたしましては、これらの事実を厳粛に受け止め、現在も継続する公正取引委員会の調査につきましては、引き続き全面的に協力するとともに、違法行為の徹底排除に向け、違反行為の再発防止はもとよりコンプライアンス経営の推進に全社を挙げて取り組み、早期の信頼回復に努めてまいります。

 

(3) 中期経営計画における主要な計画数値

2018年5月に策定した中期経営計画(2018-2020年度)では、計画最終年度における主要な計画値(連結)として、売上高805億円、営業利益65億円、当期純利益52億円と設定いたしておりましたが、計画初年度を終え、あらためて当社を取り巻く事業環境等を総合的に勘案した結果、計画最終年度である2020年度の主要経営指標の一部を下記のとおり修正することといたしました。(2019年5月9日公表)

項目

2020年度

(当初計画)

2020年度

(修正後)

売上高

805億円

805億円

営業利益

65億円

54億円

当期純利益

52億円

44億円

自己資本

400億円程度

375億円程度

 

(ご参考)

自己資本当期純利益率(ROE)

13.0%程度

11.7%程度

 

 

文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在(2019年6月21日)において当社グループが判断したものであります。

 

 

2 【事業等のリスク】

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在(2019年6月21日)において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経済情勢について

当社グループの事業内容のうち、主要な部分を占める建設事業および舗装資材製造販売事業の業績は、公共工事の発注動向に大きく影響されます。したがいまして、公共事業費の過度の縮減傾向は、当社グループの収益に悪影響を及ぼす可能性があります。また、同様の理由から取引先の経営状態が悪化した場合、貸倒れの発生等により当社グループの経営成績および財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 資材価格の変動について

当社グループで製造する舗装資材の主要な原材料はストレートアスファルトであり、原材料の仕入値は原油市場の動向に大きく左右されます。仕入価格の上昇を製品価格に転嫁できない場合、当社グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、急激な需要動向の変化に伴う需給逼迫、あるいは為替の変動により資機材価格が上昇する可能性があるほか、建設事業につきましても同様に、資機材価格の高騰により利益率が低下する可能性があります。

 

(3) 法規制等について

当社グループは事業を遂行するうえで、建設業法、独占禁止法、労働安全衛生法等による法的規制等を受けております。当社グループでは、これらの法的規制等の順守に努めておりますが、コスト増加や事業上の新たな制約につながる法的規制の新設や改廃、適用基準の変更等があった場合、または法的規制による行政処分等を受けた場合には、経営成績および財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(4) 瑕疵担保責任について

品質管理につきましては、品質保証に関する国際規格の認証を取得するなど、重要課題として取り組んでおりますが、当社グループの施工物件に重大な瑕疵担保責任が発生した場合には、経営成績および財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

(5) シンジケートローンならびに金利の変動について

当社は安定的な金融取引体制の構築を目的として、金融機関数社との間にシンジケートローン契約を締結いたしておりますが、本契約には一定の財務制限条項が付されており、これらの条件に抵触した場合には期限の利益を喪失し、一括返済を求められる可能性があります。

また、本契約による借入金残高は全て変動金利によるものであり、将来の金利情勢の動向により当社グループの経営成績が変動する可能性があります。

 

(6) 関係会社等に関する重要事項について

当社は、その他の関係会社である東京急行電鉄株式会社および東急建設株式会社をはじめとする東急グループ各社との間で、工事受注等の取引を継続的に行っております。

 

 

3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1) 経営成績等の概要

① 経営成績の状況

当連結会計年度におけるわが国経済は、輸出・生産面の一部に中国をはじめとする海外経済減速の影響がみられたものの、堅調な企業業績や、雇用・所得環境の改善が続くなかで、内需を中心に総じて緩やかな回復基調を辿りました。
 道路建設業界におきましては、防災・減災、国土強靭化対策や首都圏における大規模な再開発工事の進捗等により、公共投資、民間の建設投資とも底堅く推移したものの、主要資材であるアスファルトの価格が大きく変動するなど、依然として予断を許さない事業環境となりました。
 このような状況のもと、当社グループでは、2018年5月に策定した「中期経営計画(2018-2020年度)」に基づき、中核事業の競争力強化に注力するとともに、将来における事業環境の変化に対しても迅速、的確、柔軟に対応できる強固な経営基盤の構築に向け、各種施策を推進してまいりました。
 また、全国で自然災害が相次ぐなか、各地で災害対応に従事するなど、社会資本整備の一端を担う企業グループとして、事業活動を通じた被災地の復旧・復興支援にも引き続き尽力してまいりました。

当連結会計年度における当社グループの業績につきましては、受注高(製品売上高および不動産事業等売上高を含む)は788億17百万円(前連結会計年度比2.2%減)、売上高は740億36百万円(同9.3%減)となりました。また、損益面につきましては、経常利益は55億84百万円(同10.5%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は34億80百万円(同53.0%増)となりました。

 

セグメントの概況を示すと、次の通りであります。

なお、完成工事高、売上高および営業利益(セグメント利益)については、セグメント間の内部取引高等を含めた調整前の金額をそれぞれ記載しております。

 

「建設事業」

 当連結会計年度の業績につきましては、受注高は632億77百万円(前連結会計年度比2.9%減)、完成工事高は584億96百万円(同11.7%減)、営業利益は51億22百万円(同0.3%減)となりました。なお、当連結会計年度末における次期への繰越工事高は331億33百万円(前連結会計年度末は283億52百万円)となりました。

 

「舗装資材製造販売事業」

 当連結会計年度の業績につきましては、製品売上高は258億80百万円(前連結会計年度比3.6%増)、営業利益は29億37百万円(同13.8%減)となりました。 

 

「その他」

 当社グループでは、建設事業および舗装資材製造販売事業のほか、不動産事業等を営んでおり、その他の事業における売上高は6億96百万円(前連結会計年度比0.1%増)、営業利益は1億36百万円(同12.7%減)となりました。

 

 

② 財政状態について

「資産の状況」

当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末と比較し12億86百万円減少の709億6百万円となりました。売上債権の減少などにより、流動資産は17億70百万円の減少となりましたが、子会社設立に向けた支出に伴い投資その他の資産が増加したことなどにより、固定資産は4億84百円の増加となりました。

 

「負債の状況」

当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末と比較し47億31百万円減少の393億62百万円となりました。仕入債務が減少したことなどにより流動負債は18億36百万円の減少となり、また、長期借入金や退職給付に係る負債の減少などにより、固定負債は28億94百万円の減少となりました。

 

「純資産の状況」

当連結会計年度末の純資産合計は、期末配当金4億3百万円の支払などの減少要因はありましたが、親会社株主に帰属する当期純利益34億80百万円を計上したことにより、前連結会計年度末と比較し34億45百万円増加の315億43百万円となりました。

 

③ キャッシュ・フローの状況

「営業活動によるキャッシュ・フロー」

 当連結会計年度におきましては、税金等調整前当期純利益42億77百万円を計上したことや売上債権の減少などにより、営業活動によるキャッシュ・フローは、47億81百万円の資金増加(前年同期は63億3百万円の資金増加)となりました。

 

「投資活動によるキャッシュ・フロー」

 当連結会計年度におきましては、アスファルトプラントの設備更新や事業用不動産の取得などにより、投資活動によるキャッシュ・フローは17億77百万円の資金減少(前年同期は22億31百万円の資金減少)となりました。

 

「財務活動によるキャッシュ・フロー」

 当連結会計年度におきましては、期末配当金の支払に加え、借入金の一部返済を行ったことにより、財務活動によるキャッシュ・フローは20億5百万円の資金減少(前年同期は16億84百万円の資金減少)となりました。

 

以上の結果、当連結会計年度における現金及び現金同等物の期末残高は前連結会計年度の期末残高と比べ9億97百万円増加し、157億35百万円となりました。

 

 

④ 生産、受注及び販売の状況

イ. 受注実績

 

セグメントの名称

当連結会計年度(百万円)

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

前年同期比(%)

建設事業

アスファルト舗装

48,845

△2.3

コンクリート舗装

2,070

△39.5

土木工事等

12,361

4.9

63,277

△2.9

舗装資材製造販売事業

15,450

1.2

その他

89

△26.1

合計

78,817

△2.2

 

(注) セグメント間の内部取引については相殺消去しております。

 

ロ. 売上実績

 

セグメントの名称

当連結会計年度(百万円)

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

前年同期比(%)

建設事業

アスファルト舗装

45,393

△11.8

コンクリート舗装

3,150

49.7

土木工事等

9,953

△21.5

58,496

△11.7

舗装資材製造販売事業

15,450

1.2

その他

89

△26.1

合計

74,036

△9.3

 

(注) 1 当社グループでは生産実績を定義することが困難であるため「生産の状況」は記載しておりません。

2 主要相手先別売上状況

    総売上高に対する割合が100分の10以上に該当する相手先は次のとおりであります。

 前連結会計年度

相手先

金額(百万円)

割合(%)

東日本高速道路株式会社

9,267

11.3

 

 当連結会計年度

該当する相手先はありません。

3 セグメント間の内部取引については相殺消去しております。

 

 

なお、参考のため提出会社単独の事業の状況は次のとおりであります。

建設事業における受注工事高及び施工高の状況

a. 受注工事高、完成工事高、繰越工事高及び施工高

 

期別

工種別

前期繰越工事高
(百万円)

当期受注工事高
(百万円)


(百万円)

当期完成工事高
(百万円)

次期繰越工事高
(百万円)

前事業年度

 

(自 2017年4月1日

至 2018年3月31日)

アスファルト舗装

18,297

46,996

65,293

47,324

17,969

コンクリート舗装

954

3,423

4,377

2,103

2,273

土木工事等

7,788

11,780

19,569

12,682

6,886

27,039

62,200

89,240

62,110

27,129

当事業年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

アスファルト舗装

17,969

44,627

62,596

40,808

21,787

コンクリート舗装

2,273

2,070

4,343

3,150

1,193

土木工事等

6,886

12,361

19,247

9,953

9,294

27,129

59,058

86,188

53,912

32,276

 

(注) 1 前期以前に受注した工事で契約の更改により請負金額に変更あるものについては、当期受注工事高にその増減額を含みます。

2 次期繰越工事高は、(前期の次期繰越工事高+当期受注工事高-当期完成工事高)に一致します。

 

b. 受注工事高の受注方法別比率

工事の受注方法は特命と競争入札に大別されます。

 

期別

区分

特命(%)

競争入札(%)

合計(%)

前事業年度

 

(自 2017年4月1日

至 2018年3月31日)

アスファルト舗装

51.3

48.7

100.0

コンクリート舗装

18.7

81.3

100.0

土木工事等

79.4

20.6

100.0

当事業年度

 

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

アスファルト舗装

51.2

48.8

100.0

コンクリート舗装

56.8

43.2

100.0

土木工事等

84.8

15.2

100.0

 

(注) 百分比は請負金額比であります。

 

 

 

c. 完成工事高

 

期別

区分

官公庁(百万円)

民間(百万円)

合計(百万円)

前事業年度

 

(自 2017年4月1日

至 2018年3月31日)

アスファルト舗装

24,347

22,977

47,324

コンクリート舗装

1,923

179

2,103

土木工事等

4,409

8,272

12,682

30,680

31,430

62,110

当事業年度

 

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

アスファルト舗装

17,444

23,364

40,808

コンクリート舗装

2,208

941

3,150

土木工事等

1,448

8,504

9,953

21,101

32,811

53,912

 

 

前事業年度の完成工事のうち主なものは次のとおりであります。

 

工事名称

発注者

国道45号宮古地区舗装工事

国土交通省東北地方整備局

東北自動車道郡山管内舗装補修工事

東日本高速道路株式会社

(高負)YK34工区~YK43工区他区画線他工事

首都高速道路株式会社

東名阪自動車道四日市地区舗装改良工事(平成28年度)

中日本高速道路株式会社

平成28年度災害復旧古城地区舗装修繕外工事

国土交通省九州地方整備局

 

 

当事業年度の完成工事のうち主なものは次のとおりであります。

 

工事名称

発注者

唐桑南地区舗装工事

国土交通省東北地方整備局

東京外環自動車道市川舗装工事

東日本高速道路株式会社

(修)舗装改修工事1-206

首都高速道路株式会社

関越自動車道H29湯沢管内舗装補修工事

東日本高速道路株式会社

平成29年度中国自動車道(特定更新等)三次高速道路事務所管内舗装補修工事

西日本高速道路株式会社

 

 

 

d. 手持工事高(2019年3月31日現在)

 

区分

官公庁(百万円)

民間(百万円)

合計(百万円)

アスファルト舗装

14,921

6,866

21,787

コンクリート舗装

401

792

1,193

土木工事等

1,797

7,496

9,294

17,120

15,156

32,276

 

 

手持工事のうち主なものは次のとおりであります。

 

工事名称

発注者

完成予定年月

八戸自動車道八戸管内舗装補修工事

東日本高速道路株式会社

2021年1月

国道246号市ヶ尾地区舗装工事

国土交通省関東地方整備局

2020年3月

東海環状自動車道大野・神戸IC~大垣西IC間舗装工事

中日本高速道路株式会社

2020年6月

舗装補修大規模修繕工事(30-6-湾)

阪神高速道路株式会社

2020年3月

那覇空港滑走路増設4工区舗装等工事

内閣府沖縄総合事務局

2019年7月

 

 

舗装資材製造販売事業における製造及び販売状況

 

期別

アスファルト合材

その他
売上金額
(百万円)

売上高計
(百万円)

生産実績(千t)

売上数量(千t)

売上金額
(百万円)

前事業年度

(自 2017年4月1日

至 2018年3月31日)

1,639

1,291

11,487

4,135

15,622

当事業年度

(自 2018年4月1日

至 2019年3月31日)

1,659

1,312

11,797

4,214

16,012

 

(注) 1 アスファルト合材の生産実績と売上数量との差異は、当社の請負工事に使用した数量であります。

2 その他製品売上金額は、アスファルト乳剤、砕石等の販売による売上高であります。

 

その他における売上状況

前事業年度

37百万円

当事業年度

33百万円

 

 

 

(2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討の内容

① 重要な会計方針及び見積り

当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。なお、この連結財務諸表の作成にあたりましては、経営者により一定の会計基準の範囲内で見積もりが行われている部分があり、資産・負債や収益・費用の数値に反映されております。これらの見積もりにつきましては、継続して評価し、必要に応じて見直しを行っておりますが、見積もりには不確実性が伴うため、実際の結果はこれらとは異なることがあります。

 

② 経営成績について

「受注高(製品売上高および不動産事業等売上高を含む)」

2019年3月期の受注高は、製品売上高が微増するも、大型工事の受注が相次いだ2018年3月期との比較では2.2%減少の788億17百万円となりました。なお、2017年3月期との比較においては10.3%の増加となりました。

 

「売上高」

2019年3月期の売上高は、工事施工は順調に進捗したものの大型工事の施工が重なった2018年3月期との比較では9.3%減少の740億36百万円となりました。なお、2017年3月期との比較においては5.7%の増加となりました。

  

「経常利益」

2019年3月期の経常利益は、2018年3月期と比較し受注高・売上高が減少したことに加え、原材料価格や燃料費上昇の影響を大きく受けたことなどにより、10.5%減少の55億84百万円となり、2017年3月期との比較においても、11.9%の減少となりました。

 

「親会社株主に帰属する当期純利益」

2019年3月期の親会社株主に帰属する当期純利益は、特別損失として独占禁止法関連損失引当金繰入額30億36百万円を計上していた2018年3月期との比較においては大幅な改善となり、53.0%増加の34億80百万円となりました。

 

セグメントの経営成績につきましては、次の通りであります。

「建設事業」

当連結会計年度の業績につきましては、受注高は632億77百万円(前連結会計年度比2.9%減)、完成工事高は584億96百万円(同11.7%減)、営業利益は51億22百万円(同0.3%減)となり、高速道路の新設など官公庁発注の大型工事の受注が相次いだ前年との比較では、いずれも減少となりました。なお、年度末にかけて大型工事を複数受注したことにより、次期への繰越工事高につきましては、前連結会計年度と比較し47億80百万円増加の331億33百万円となり、当社グループにおける手持工事といたしましては、高い水準を維持しております。

 

「舗装資材製造販売事業」

当連結会計年度の業績につきましては、製品需要の停滞が続いたものの、販売数量の拡大に注力し売上高は258億80百万円(前連結会計年度比3.6%増)となりましたが、主要材料であるアスファルトの仕入価格上昇などの影響により営業利益は29億37百万円(同13.8%減)となりました。

 

「その他」

当社グループでは、建設事業および舗装資材製造販売事業のほか、不動産事業等を営んでおり、その他の事業における売上高は6億96百万円(前連結会計年度比0.1%増)、営業利益は1億36百万円(同12.7%減)となりました。

 

 

 

③ 財政状態について

財政状態の概要につきましては、「(1)経営成績等の概要」に記載のとおりでございますが、当社グループでは、過去、財政面において大変厳しい状況に置かれるなか、アスファルト合材工場の設備更新をはじめ、必要な投資を先送りしてきた経緯から、ここ数年は事業の根幹を支える機械装置の更新や施工用機械の取得などに注力しておりますが、かかる投資については、原則として自己資金により行われており、当連結会計年度末における固定比率につきましては71.9%となっております。

また、当連結会計年度末における純資産合計につきましては、期末配当金4億3百万円の支払などの減少要因はありましたが、親会社株主に帰属する当期純利益34億80百万円を計上したことなどにより、前連結会計年度末と比較し34億45百万円増加の315億43百万円となり、自己資本比率は44.5%となっております。

なお、財政状態については事業全体で管理を行っており、セグメントごとでの記載が困難なため記載しておりません。

 

④ キャッシュ・フローについて

当社グループの資金状況につきましては、営業活動によるキャッシュ・フローにおいて47億81百万円の資金増加(前年同期は63億3百万円の資金増加)となり、前連結会計年度と比較し増加額は15億22百万円減少いたしました。

一方、投資活動によるキャッシュ・フローにつきましては、昨年に続き、アスファルト合材工場の設備更新や施工用機械等の取得を計画的に進めてまいりましたが、その支出総額は前年を下回り、当連結会計年度におきましては17億77百万円の資金減少(前連結会計年度は22億31百万円の資金減少)となりました。

 なお、長期借入金の返済などにより財務活動によるキャッシュ・フローは、20億5百万円の資金減少(前連結会計年度は16億84百万円の資金減少)となっております。

自己資本の状況につきましては、剰余金の配当4億3百万円の支払などの減少要因はありましたが、親会社株主に帰属する当期純利益34億80百万円を計上したことや退職給付に係る調整累計額の変動などにより、当連結会計年度末における期末残高は315億43百万円(前連結会計年度末は280億98百万円)となり、また、有利子負債残高につきましては24億4百万円(前連結会計年度末は40億8百万円)となっております。

 

⑤ 資本の財源及び資金の流動性について

 当社では、2013年度までの約20年間、財務改善に徹底して取り組み、この結果、優先株式の処理を含め、一定の財務体質改善は進んだと考えておりますが、一方で、投資を抑制した結果、既存事業資産の競争力は徐々に低下しつつあり、製品の品質改善、製造効率の向上、環境負荷低減等に向けた設備投資の推進が喫緊の課題となっております。

 このような状況のなか、現行の「中期経営計画(2018-2020年度)」では、持続的成長に向け、2018年度からの3ヶ年累計で100億円超の投資を計画しており、中心は、アスファルト合材工場の更新など、本業を支える資産の質的向上が対象となりますが、海外進出やM&Aなど、将来の成長を見据えた分野にも30%程度を振り向ける計画としております。これらの投資資金ついては、原則として自己資金を予定しておりますが、必要に応じ財務健全性を考慮しながら借入についても検討してまいります。なお、現預金については運転資金の確保はもちろんのこと、事業投資を最優先にしながらも、事業環境の変化や自然災害発生時の復旧活動等への対応に備え、一定程度の手元流動性を維持するべきであるとも考えております。

 また、当社グループでは、当社と各子会社間における資金融通制度を活用することで資金の効率化を図っております。

 

 

⑥ 中期経営計画における主要な計画数値について

 中期経営計画(2018-2020年度)の計画初年度となった当連結会計年度の事業環境を振り返ると、建設需要は底堅い状況が続きましたが、主要材料であるアスファルトの仕入価格が計画策定時を大きく上回る水準で推移し、2018年度の連結業績は、原材料価格や燃料費の上昇などにより、営業利益、経常利益とも期初の予想を大きく下回る結果となりました。また、独占禁止法関連損失引当金の追加計上により、当期純利益が、当初の見込みから13億円減少したことから、自己資本および自己資本当期純利益率(ROE)の計画値につきましても変動することが明らかとなり、このような状況を総合的に勘案した結果、計画最終年度である2020年度の主要経営指標の一部を修正することといたしました。

 修正後の計画数値および当連結会計年度における状況は下記のとおりであります。

項目

2020年度

(当初計画)

2020年度

(修正後)

2018年度

実績

売上高

805億円

805億円

740億円

営業利益

65億円

54億円

55億円

当期純利益

52億円

44億円

34億円

自己資本

400億円程度

375億円程度

315億円

 

(ご参考)

自己資本当期純利益率(ROE)

13.0%程度

11.7%程度

11.7%

 

 

⑦ 経営成績に重要な影響を与える要因について

道路建設業界では、ここ数年の間は堅調な建設需要が見込まれる一方、中長期的には、2020年の東京オリンピック・パラリンピック以降における建設投資の不透明感、資機材の需給・価格動向、少子高齢化による社会構造の変化など、多くの懸念材料も抱えており、今後とも予断を許さない経営環境が続くものと認識しております。

当社グループといたしましては、対処すべき課題(第一部 第2「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」)に記載のとおり、事業環境の変化に迅速、的確、柔軟に対応できる強固な経営基盤の構築に向けた諸施策に全社を挙げて取り組むとともに、今後とも「豊かな地域社会づくりに貢献する生活基盤創造企業」としての責務を誠実に果たし、社会からの信頼に応え、中長期的な企業価値の向上を目指してまいります。

なお、当社の業績に影響を与える可能性のある事項につきましては第一部 第2「2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。 

  

なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在(2019年6月21日)において当社グループが判断したものであります。

 

4 【経営上の重要な契約等】

 特記事項はありません。

 

 

5 【研究開発活動】

近年、道路をはじめとする社会インフラの重要性が再認識され、維持管理・更新のあり方も見直されつつあるなど、道路建設業を取り巻く環境は大きく変化しており、舗装に求められるニーズもより多様化、高度化しております。また、少子高齢化の進行により生産年齢人口が減少するなかにおいて、生産性向上への取組みは必要不可欠となっております。

このような状況のもと、当社におきましては、道路舗装を中心とした新材料・新工法の開発に加え、生産性向上を図る取組みであるi-Construction・IoTの推進に重点をおいた開発テーマを選定し、研究開発活動を行っております。

なお、当社の研究開発活動は、技術研究所を中心に行われており、当連結会計年度における建設事業および舗装資材製造販売事業の研究開発費は、389百万円となりました。

 

主な研究開発

(1) 再生混合物の品質向上

再生混合物においては、品質の確保および作業性向上が今後の製品開発における重要なテーマとなっております。このような背景から、当社は再生混合物の作業性を評価する当社独自の評価法を確立しました。これにより、作業性向上に最適な再生用添加剤の特定を行い、特許を取得したコンバインドフォームドとの併用で高い混合性と作業性を有する再生混合物を製造し、出荷いたしております。

 

(2) 高耐久性常温合材の開発

今後、益々需要が高まることが予想される高耐久性常温合材においては、耐飛散性を考慮した靭性(たわみ性)の改善や寒冷地での使用を想定した低温性状の改善など、他社製品との差別化を図った、当社独自の商品を開発いたしました。

 

(3) IoTによる舗装工事の総括管理システムの開発

舗設現場における転圧ローラの走行位置、折り返し位置情報等をタブレットで視認できるシステムを構築しました。このシステムに、ダンプ位置情報や舗設現場での施工機械の位置、施工温度等の情報を掛け合わせた舗装工事総括管理システムの開発についても概ね完成いたしております。

 

(4) AIによる施工管理省力化の開発

当社は高額なレーザースキャニングシステムを用いない簡易な路面測定車を前期に開発いたしておりますが、現在は、この簡易路面測定車でのひび割れ解析をAIにより行う、自動化を進めているところです。ひび割れ解析の適合率は「舗装点検要領」での3段階評価では、ほぼ一致するレベルの精度を達成いたしております。

 

 

「第2 事業の状況」における売上高等の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

第3 【設備の状況】

 

1 【設備投資等の概要】

当連結会計年度において実施しました設備投資およびセグメントごとの概要は次のとおりであります。

 

「建設事業」

建設事業におきましては、施工能力の強化および生産性向上を目的とした施工機械の増強、更新などを実施し、設備投資の総額は517百万円となりました。

 主要な設備投資は次の通りであります。

秋田営業所

アスファルトフィニッシャの購入

機材センター

舗装用機械の購入

 

 

「舗装資材製造販売事業」

舗装資材製造販売事業におきましては、製品の品質改善、製造効率の向上、環境負荷低減等を目的とした製造設備の更新などを実施し、設備投資の総額は1,211百万円となりました。

 主要な設備投資は次の通りであります。

湯沢合材工場

アスファルトプラントの設備更新

金沢合材工場

事業用不動産の取得

 

 

なお、「その他」192百万円および特定のセグメントに区分できない設備投資93百万円を加えた当連結会計年度の設備投資の総額は、2,015百万円であります。

 

(注) 金額に消費税等は含まれておりません。

 

 

2 【主要な設備の状況】

(1) 提出会社

 

事業所
(所在地)

セグメントの名称

帳簿価額(百万円)

従業員数
(人)

建物
構築物

機械
運搬具等

土地

合計

(賃借面積)
面積(㎡)

金額

本店
(東京都港区)

共通・建設事業・舗装資材製造販売事業

347

505

(        ―)

23,624.15

767

1,620

123

〔 19〕

北海道支店
(札幌市西区)

共通

9

0

(        ―)

24,789.17

47

57

41

〔 13〕

建設事業

112

44

(  8,999.00)

23,404.20

103

261

舗装資材
製造販売事業

144

260

(  2,943.50)

72,540.50

595

1,001

東北支店
(仙台市青葉区)

共通

6

8

(        ―)

14

114

〔 43〕

建設事業

45

31

( 11,305.12)

3,387.89

122

199

舗装資材
製造販売事業

525

576

( 57,551.77)

22,513.23

363

1,466

北陸支店
(新潟市中央区)

共通・その他

39

0

(        ―)

415.32

52

92

50

〔  7〕

建設事業

25

0

(  5,746.00)

7,327.54

29

55

舗装資材
製造販売事業

15

19

(        ―)

17,150.26

135

171

北関東支店
(さいたま市浦和区)

建設事業

101

(    879.00)

4,855.10

49

151

53

〔 11〕

東関東支店
(千葉市中央区)

建設事業

263

2

(  1,273.70)

2,141.79

218

484

50

〔 11〕

東京支店
(東京都渋谷区)

建設事業

29

1

(  1,031.06)

1,181.00

733

764

102

〔 16〕

横浜支店
(横浜市都筑区)

建設事業

29

11

(  5,017.87)

41

53

〔 17〕

関東製販事業部
(東京都港区)

舗装資材
製造販売事業

711

826

( 29,108.17)

89,710.27

7,983

9,522

56

〔 25〕

名古屋支店
(名古屋市千種区)

共通

0

0

(        ―)

1

52

〔 13〕

建設事業

33

3

( 11,260.59)

1,620.69

29

66

舗装資材
製造販売事業

18

39

( 12,956.00)

1,765.00

16

74

関西支店
(大阪市北区)

共通

8

13

(        ―)

21

41

〔 10〕

建設事業

34

0

(        ―)

4,776.40

50

84

舗装資材
製造販売事業

53

100

(        ―)

18,427.69

1,183

1,336

中四国支店
(広島市南区)

共通

0

0

(        ―)

0

39

〔 16〕

建設事業

30

(  2,364.00)

30

舗装資材
製造販売事業

57

36

(        ―)

9,514.98

169

263

九州支店
(福岡市博多区)

共通

9

57

(        ―)

66

72

〔 24〕

建設事業

42

3

(  3,024.63)

45

舗装資材
製造販売事業

32

138

(  1,333.00)

64,570.60

390

560

合計

 

2,730

2,683

(154,793.41)

393,715.78

13,042

18,456

846

〔225〕

 

 

(注) 1 帳簿価額に建設仮勘定は含んでおりません。

2 帳簿価額のうち「機械運搬具等」には、機械装置、車輌運搬具、工具器具、備品が含まれております。

3 土地および建物の一部を連結会社以外から賃借しており、土地の面積については、( )内に外書きで示しております。

4 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は〔 〕内に外数で記載しております。

5 提出会社の本店には技術研究所、機材センターおよび関東支店が含まれております。

   ○技術研究所(栃木県)

当社の技術研究所は、新技術・新工法の研究開発及び各種材料の試験・実験を行っております。

   ○機材センター(栃木県)

機材センターは建設工事施工の補助部門として、工事用機械器具等の整備、改造および管理、保管を行っております。

6 土地建物のうち賃貸中の主なもの

 

土地(㎡)

建物(㎡)

本店

42.30

北海道支店

3,268.03

132.00

東北支店

1,864.49

北陸支店

156.00

1,147.26

関西支店

1,430.00

九州支店

5,270.00

11,988.52

1,321.56

 

 

3 【設備の新設、除却等の計画】

当連結会計年度末現在における重要な設備投資等の計画は次の通りであります。

 

(1) 重要な設備の新設等

 

会社名
事業所
(所在地)

セグメントの名称

内容

投資予定金額
(百万円)

資金調達方法

備考

総額

既支払額

提出会社

奈良合材工場

(奈良県大和郡山市)

舗装資材
製造販売事業

機械装置他

764

自己資金

設備の更新

提出会社

山都合材工場

(熊本県上益城郡)

舗装資材

製造販売事業

機械装置他

318

自己資金

設備の更新

 

 

(2) 重要な設備の除却等

重要な設備の除却等の計画はありません。

 

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

150,000,000

150,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(2019年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(2019年6月21日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

40,414,407

40,414,407

東京証券取引所
(市場第一部)

単元株式数は100株であります。

40,414,407

40,414,407

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

② 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

③ 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(百万円)

資本金残高
 
(百万円)

資本準備金
増減額
(百万円)

資本準備金
残高
(百万円)

2014年10月1日 

(注)

△161,657,630

40,414,407

2,000

500

 

(注) 2014年6月27日開催の第65回定時株主総会の決議に基づき、普通株式につき5株を1株とする株式併合を行ったものであります。

 

 

(5) 【所有者別状況】

2019年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数(人)

25

34

224

93

8

6,679

7,063

所有株式数
(単元)

56,266

6,887

140,286

101,667

98

98,458

403,662

48,207

所有株式数
の割合(%)

13.94

1.71

34.75

25.19

0.02

24.39

100.00

 

(注)  自己株式11,648株は、「個人その他」の中に116単元、「単元未満株式の状況」の中に48株含めて記載しております。

 

(6) 【大株主の状況】

2019年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
(自己株式を
除く。)の
総数に対する
所有株式数の
割合(%)

東急建設株式会社

東京都渋谷区渋谷1-16-14

8,931

22.11

インタートラスト トラスティーズ(ケイマン)リミテッド ソールリー イン イッツ キャパシティー アズ トラスティー オブ ジャパン アップ(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

190 ELGIN AVENUE, GEORGE TOWN, GRAND CAYMAN KY1-9005, CAYMAN ISLANDS
 

(東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟)

2,402

5.95

ステート ストリート バンク アンド トラスト クライアント オムニバス アカウント オーエムゼロツー 505002
 
(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

100 KING STREET WEST,SUITE 3500,PO BOX 23 TORONTO,ONTARIO M5X 1A9 CANADA
 
 
(東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟)

1,575

3.90

東京急行電鉄株式会社

東京都渋谷区南平台町5-6

1,533

3.80

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2-11-3

1,489

3.69

株式会社光通信

東京都豊島区西池袋1-4-10

1,413

3.50

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1-8-11

966

2.39

岩崎 泰次

静岡県静岡市駿河区

888

2.20

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5)

東京都中央区晴海1-8-11

635

1.57

世紀東急工業従業員持株会

東京都港区芝公園2-9-3

634

1.57

20,470

50.67

 

(注) 1 2018年5月23日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、株式会社ストラテジックキャピタルが2018年5月16日現在で2,806千株を保有している旨が記載されておりますが、当社として当事業年度末現在における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主には含めておりません。

2 2018年7月23日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、エフエムアール エルエルシー(FMR LLC)が2018年7月13日現在で2,044千株を保有している旨が記載されておりますが、当社として当事業年度末現在における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主には含めておりません。

 

 

 

(7) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

2019年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)