【表紙】

 

【提出書類】

有価証券報告書

【根拠条文】

金融商品取引法第24条第1項

【提出先】

関東財務局長

【提出日】

2020年6月26日

【事業年度】

第20期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

【会社名】

グレイステクノロジー株式会社

【英訳名】

GRACE TECHNOLOGY, INC.

【代表者の役職氏名】

代表取締役社長  飯田 智也

【本店の所在の場所】

東京都港区虎ノ門三丁目8番21号

【電話番号】

03-5777-3838(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役管理部長  大池 信之

【最寄りの連絡場所】

東京都港区虎ノ門三丁目8番21号

【電話番号】

03-5777-3838(代表)

【事務連絡者氏名】

取締役管理部長  大池 信之

【縦覧に供する場所】

株式会社東京証券取引所

(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

 

E32811 65410 グレイステクノロジー株式会社 GRACE TECHNOLOGY, INC. 企業内容等の開示に関する内閣府令 第三号様式 Japan GAAP false CTE 2019-04-01 2020-03-31 FY 2020-03-31 2018-04-01 2019-03-31 2019-03-31 1 false false false E32811-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E32811-000:YukiharuMatsumuraMember E32811-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E32811-000:TomoyaIidaMember E32811-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E32811-000:AkikoTanabeMember E32811-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E32811-000:ToshihiroKinoshitaMember E32811-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E32811-000:HitoshiMurataMember E32811-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E32811-000:ShigeharuSakamotoMember E32811-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E32811-000:FuyumiKobayashiMember E32811-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E32811-000:ShinichiroOzekiMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:DirectorsExcludingOutsideDirectorsMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:CorporateAuditorsExcludingOutsideCorporateAuditorsMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideDirectorsMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jpcrp_cor:OutsideCorporateAuditorsMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:CorporateSharedMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2017-04-01 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2016-04-01 2017-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2015-04-01 2016-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No10MajorShareholdersMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No9MajorShareholdersMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No8MajorShareholdersMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No7MajorShareholdersMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No6MajorShareholdersMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No5MajorShareholdersMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No4MajorShareholdersMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No3MajorShareholdersMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No2MajorShareholdersMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:No1MajorShareholdersMember E32811-000 2020-06-26 E32811-000 2020-03-31 E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E32811-000 2018-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:ShareholdersEquityMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:TreasuryStockMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:RetainedEarningsBroughtForwardMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:CapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row5Member E32811-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row4Member E32811-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row3Member E32811-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row2Member E32811-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row1Member E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReconcilingItemsMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp_cor:ReportableSegmentsMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E32811-000:MOSBusinessReportableSegmentsMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E32811-000:MOSBusinessReportableSegmentsMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E32811-000:MOSBusinessReportableSegmentsMember E32811-000 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E32811-000:MMSBusinessReportableSegmentsMember E32811-000 2019-04-01 2020-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E32811-000:MMSBusinessReportableSegmentsMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E32811-000:MMSBusinessReportableSegmentsMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jpcrp030000-asr_E32811-000:MMSBusinessReportableSegmentsMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp030000-asr_E32811-000:MOSBusinessReportableSegmentsMember jppfs_cor:NonConsolidatedMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalRetainedEarningsMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalSurplusMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:OtherCapitalSurplusMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:LegalCapitalSurplusMember E32811-000 2018-04-01 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:CapitalStockMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:SubscriptionRightsToSharesMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:ShareholdersEquityMember E32811-000 2019-03-31 jppfs_cor:NonConsolidatedMember jppfs_cor:TreasuryStockMember E32811-000 2020-06-26 jpcrp_cor:Row6Member E32811-000 2020-06-26 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinaryShareMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithNoVotingRightsMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsTreasurySharesEtcMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithRestrictedVotingRightsOtherMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsTreasurySharesEtcMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesWithFullVotingRightsOtherMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesWithFullVotingRightsOtherMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:SharesLessThanOneUnitMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:OrdinarySharesSharesLessThanOneUnitMember E32811-000 2020-03-31 jpcrp_cor:Row1Member E32811-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E32811-000:NobuyukiOikeMember E32811-000 2020-06-26 jpcrp030000-asr_E32811-000:TatsuyaFujiwaraMember iso4217:JPY iso4217:JPY xbrli:shares xbrli:shares xbrli:pure

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第16期

第17期

第18期

第19期

第20期

決算年月

2016年3月

2017年3月

2018年3月

2019年3月

2020年3月

売上高

(千円)

726,473

1,010,883

1,314,414

1,524,427

1,903,678

経常利益

(千円)

131,576

294,335

413,322

573,203

947,420

当期純利益

(千円)

114,431

196,807

278,326

375,377

659,776

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

10,000

62,049

77,777

88,780

200,451

発行済株式総数

(株)

 

 

 

 

 

普通株式

3,520

1,092,500

4,542,800

13,824,000

14,128,500

純資産額

(千円)

126,633

865,605

1,124,439

1,453,567

2,237,373

総資産額

(千円)

491,291

1,273,210

1,586,265

1,842,796

2,762,393

1株当たり純資産額

(円)

34.98

66.00

82.20

104.86

158.24

1株当たり配当額

(円)

50

15

7

15

1株当たり当期純利益金額

(円)

40.50

17.04

21.16

27.31

47.43

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

15.68

19.50

26.22

45.96

自己資本比率

(%)

25.7

68.0

70.6

78.7

80.9

自己資本利益率

(%)

67.2

39.7

28.0

29.2

35.8

株価収益率

(倍)

81.59

107.70

73.89

53.87

配当性向

(%)

24.5

23.6

25.6

31.6

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

78,767

345,047

180,409

283,394

361,472

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

2,900

1,456

30,923

8,026

111,632

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

79,099

472,450

63,895

91,236

76,892

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

229,072

1,045,113

1,130,704

1,314,836

1,641,569

従業員数

(名)

36

43

43

44

39

〔外、平均臨時雇用者数〕

5

3

3

4

6

株主総利回り

(%)

164.6

146.3

186.1

(比較指標:配当込みTOPIX)

(%)

()

()

(115.9)

(110.0)

(99.6)

最高株価

(円)

4,170

2,375

3,715

3,400

 

 

 

(17,500)

(10,760)

 

 

最低株価

(円)

3,450

2,210

1,550

1,836

 

 

 

(4,620)

(2,638)

 

 

(注)1.当社は、連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、非連結子会社がありますが損益及び利益剰余金その他の項目から見て重要性が乏しく、また、関連会社は存在していないため、記載しておりません。

4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第16期は、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できず、記載しておりません。また、当社は、2016年12月21日に東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、第17期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、新規上場日から2017年3月期末日までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。

5.第16期の株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。

6.第16期の配当性向については、当社は普通株式に係る配当を実施していないため、記載をしておりません。

7.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )外数で記載しております。

8.当社は、優先株主の株式取得請求権の行使を受けたことにより、2015年12月1日付けでA種優先株式602株を自己株式として取得し、対価として普通株式980株を交付しております。当該A種優先株式602株については2016年2月8日付けをもって消却しております。また、2016年2月12日開催の臨時株主総会においてA種優先株式を発行する旨の定款の定めを廃止するとともに、2015年11月26日に自己株式として取得していたA種優先株式512株については普通株式512株に内容を変更しております。

9.当社は、2016年9月12日付で株式1株につき300株の株式分割を行っております。第15期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

10.当社は、2017年4月1日付で株式1株につき4株の株式分割を行っております。第16期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

11.当社は、2018年4月1日付で株式1株につき3株の株式分割を行っております。第17期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

12.当社は、2018年8月27日に東京証券取引所市場第一部に市場変更しております。

13.最高株価及び最低株価は、2018年8月26日以前は東京証券取引所マザーズ市場におけるものであり、2018年8月27日以降は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。ただし、当社株式は、2016年12月21日から東京証券取引所マザーズに上場されており、それ以前の株価については該当事項がありません。

14.当社は、2017年4月1日付で普通株式1株につき4株の割合、2018年4月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。第17期及び第18期の株価については株式分割後の最高株価及び最低株価を記載しており、( )内に株式分割前の最高株価及び最低株価を記載しております。

15.第16期及び第17期の株主総利回り及び比較指標は、2016年12月21日に東京証券取引所マザーズに上場したため、記載しておりません。

 

 

2【沿革】

 当社の前身は現代表取締役会長松村幸治が1986年3月に設立した株式会社日本マニュアルセンターであり、その営業の全部は2008年3月に当社が譲受(現 MOS事業)して現在に至っております。

年月

事項

2000年8月

東京都中央区に当社を設立し、マニュアルの電子化を推進し、企業のマニュアルに掛かるコスト逓減を実現するMMS(マニュアルマネージメントシステム)事業を開始

2001年4月

マニュアル配信のポータルサイト機能を搭載したマニュアル基幹システム「e-manual」をリリース

2002年4月

「e-manual」にマニュアルのオンデマンド印刷機能を搭載

2005年4月

マニュアル基幹システム「e-manual」第1号をコベルコ建機エンジニアリング株式会社に納入

2007年5月

「e-manual/Ver.2.0」をリリース(マニュアルのレイアウト作業を自動化できるXML自動組版システムを搭載)

2007年5月

品質マネジメントシステムISO9001を取得

2008年3月

株式会社日本マニュアルセンターの営業の全部を譲受ける(現 MOS事業)

2012年7月

東京都港区に本社を移転

2015年2月

「e-manual/Ver.2.0」にマニュアルの用語を統一する「用語フィルター」機能を追加

2016年6月

「e-manual/Ver.3.0」をリリース

2016年12月

2017年6月

2018年1月

2018年8月

2019年3月

2019年11月

東京証券取引所マザーズ市場に上場

名古屋営業所を開設

完全誘導型AIマニュアル「GRACE VISION®」を発表

東京証券取引所市場第一部に市場変更

米国イリノイ州にシカゴ駐在員事務所を開設

米国デラウェア州に米国子会社(GraceVision Inc.)を設立

 

3【事業の内容】

 当社は、国内・国外の各種産業機械やソフトウエアメーカーを中心に、製品に付随する操作系及び運用系の技術マニュアル、さらに企業内で使われる業務マニュアルなどあらゆるマニュアルのコンサルティング、企画・構成、編集、制作及び翻訳(多言語化)を専門とするマニュアルオーダーメードサービス(「MOS事業」)を提供するとともに、それらマニュアルのデジタル化を推進し、企業のマニュアルに係る工数・コスト低減を実現するマニュアル基幹システム「e-manual」及び「読む」「見る」からの脱却を実現する完全誘導型GRACE VISION®の導入・運営を行うマニュアルマネージメントシステム(「MMS事業」)を展開しております。

 

(当社が扱うマニュアルの主な対象)

0101010_001.png

 

(当社が扱う主なマニュアル)

操作系

運用系

業務系

・取扱説明書

・設置マニュアル

・リファレンスマニュアル

・パーツカタログ

・ヘルプ/GUI

・チュートリアル

・導入マニュアル

・メンテナンスマニュアル

・整備マニュアル

・制御マニュアル

・運用マニュアル

・トレーニングマニュアル

・サポート・修理マニュアル

・業務マニュアル

・管理マニュアル

・セールスマニュアル

・接客応対マニュアル

・システム運用マニュアル

・社員研修マニュアル

・人事系マニュアル

 

 当社の事業内容は次のとおりです。なお、以下の事業区分は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項」のセグメントと同一の区分です。

(1)MMS(マニュアルマネージメントシステム)事業

 MMS事業では、マニュアル基幹システム「e-manual」及びGRACE VISION®の導入・運営を行なっており、その機能は、(ⅰ)マニュアルの企画・構成、編集、制作をWeb上で行う作成プラットフォーム、(ⅱ)デジタル化されたマニュアルのユーザーへの配信、管理、ユーザーの閲覧及び問い合わせに対応するポータルサイト、(ⅲ)デジタル化されたマニュアルの印刷物を注文・管理するシステムの主に3つで構成されております。

 マニュアル基幹システム「e-manual」を導入する利点としては、(ⅰ)Microsoft Word、Adobe InDesignまたはAdobe FrameMaker等の特定のアプリケーションに依存することなくWeb上でテキストを入力するだけで自動的に汎用性が高いXML形式のデータにすることができ、かつDTPの専門知識がなくても簡単にレイアウト調整もできること、(ⅱ)製品毎のマニュアル作成にあたって既存マニュアルの活用・転用が容易になるため、作成効率が向上すること、(ⅲ)マニュアル制作の進捗や作成履歴の管理機能及び承認機能を搭載していることなどが挙げられます。当社ではマニュアル制作のあり方を含め、顧客毎に最適なマニュアル基幹システム「e-manual」の導入及び運営を提案しております。

 GRACE VISION®」は、マニュアルを読まなくても見なくても、搭載されたAIと会話をしながらメンテナンス等の作業を導いてくれる、スマートグラスです。この完全誘導型マニュアルの導入及び制作を提案しております。

 

(MMS事業における「e-manual」の機能イメージ図)

 

0101010_002.png

 

 なお、マニュアル基幹システム「e-manual」の契約形態はクラウド型(グレイスクラウド)が基本であり、機能追加やバージョンアップに迅速に対応しております。

0101010_003.png

 

(2)MOS(マニュアルオーダーメードサービス)事業

 MOS事業では、専門性の高い各種マニュアルのテクニカルライティング(ユーザーの目線で正確かつ分かり易い文書を作成すること)及び技術翻訳を提供しております。

 当社は、マニュアルがメーカーとユーザーをつなぐ重要なコミュニケーションツールであると捉え、ユーザーの利用目的に応じた注意事項や潜在的な疑問点に的確に応えたマニュアル作りを提案しております。具体的には、メーカーのコールセンターやヘルプデスク等に寄せられたお問い合わせ内容の分析や製品の利用状況のリサーチ、製品の設計資料を読み込み、技術者へのヒアリング、操作確認やモニタリング等、ゼロベースからテクニカルライティングを行っております。

 こうしたユーザー目線のテクニカルライティグによって、ユーザーは当該製品の性能・機能・特性などを的確に理解でき、ひいては当該製品もしくはメーカーに対するロイヤリティーの向上にも繋がると考えられます。

 技術翻訳においては、高精度な機械翻訳も実用化されてきておりますが、原文が正確でない場合、高精度な技術翻訳を行ったとしてもマニュアルとしての役割を果たす文章にならない場合があります。当社は、機械翻訳では対応が難しい部分を賄えるような技術翻訳を行っております。

 

0101010_004.png

 

[事業系統図]

 

0101010_005.png

 

4【関係会社の状況】

 当社は子会社1社を有しておりますが、重要性が乏しいため記載を省略しております。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

 

 

 

 

2020年3月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

39

6

37.1

6.2

5,460

 

セグメントの名称

従業員数(名)

MMS事業

5

1

MOS事業

18

6

全社(共通)

16

0

合計

39

6

(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )外数で記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門及び営業部門に所属しているものであります。

 

(2)労働組合の状況

 当社には労働組合は結成されておりませんが、労使関係については円満に推移しております。

 

第2【事業の状況】

1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中の将来に関する情報は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

(1)経営方針、経営環境

 当社は、「世界一の“わかる”を創り出す企業」を目指すという経営目標を掲げ、今後も持続的に成長して企業価値を高めるために、下記(3)の課題を認識しており、迅速に対処してまいります。

 国内各企業がテレワークをはじめとする「働き方改革」の実現に向けて模索をしているなかで、業務の標準化や、従来は内製化していた企業で各社員の本業務とは異なる付随業務を予算化して、アウトソーシングする流れがあります。付随業務のなかに当社の事業内容であるマニュアル作成・翻訳業務が含まれており、それらに対応する体制構築を進めてまいります。

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、今後の世界経済の先行きへの懸念が非常に高まっております。当社の主要ターゲットである国内大手メーカーは、引き続き厳しい経営環境に置かれておりますが、当社においては、マニュアルのプロとして、ドキュメントコンサルティング、マニュアル制作及び「e-manual」の導入促進とあわせ、「GRACE VISION®」を積極的に販売することにより、技術伝承、人手不足及びコストダウンなど、国内大手メーカーの生産性向上を支援してまいります。

 これまでのところ、当社の業績に大きな変調は見受けられません。今後、感染症の影響が長期化した場合は、収益が減少する可能性がありますが、そのような状況下においても、当社は生産性の向上とコストダウン等の対策を実施し、収益減少を最小限に抑えるよう努めてまいります。

 

(2)財務目標(2020年5月公表)

項目

2020年度

備考(対前期増減率)

売上高

2,300 百万円

20.8 %

営業利益

1,173 百万円

23.0 %

経常利益

1,166 百万円

23.1 %

当期純利益

800 百万円

21.3 %

1株当たり当期純利益

56 円 62 銭

 

(3)経営課題

①売上拡大・収益基盤の強化

 当社は、マニュアルの制作、技術翻訳、及びクラウド上でマニュアルを制作・管理する「e-manual」のサービスによる収益を中心として、継続的かつ安定的な利益の確保を確実なものにするための収益基盤を強化していくことが課題であると認識しております。

 当社が開発した「GRACE VISION®」は、人の行動のすべてのシーンや人の抱える問題解決の場面で確実に「役に立つツール」に成り得ると確信しております。技術伝承及び人手不足など、お客様を取り巻く環境に対応するため、充実したマニュアル関連サービスをご提供させていただき、顧客満足度向上と大手企業を中心とした重点顧客の定着化に取り組んでまいります。

 

②営業力の強化

 当社は、マニュアルのプロとして、マニュアル制作に付随するサービスの展開を模索しながら、コンサルティング型営業により積極的な提案を行う営業力を強化してまいります。

 また、業務提携や販売代理店契約、M&A等を積極的に模索して、業容拡大を図り、「e-manual」の販売体制の構築に取り組んでまいります。

 

③「e-manual」の安定稼働およびセキュリティの強化

 当社は、クラウドサービスを提供しているため、サービス提供にかかる「e-manual」の安定稼働およびセキュリティ対策が課題となります。

 当社では、常に新しい情報を取り入れながら継続的なシステムメンテナンスを行い、「e-manual」の安定稼働及び高いセキュリティが維持できるように努めてまいります。

 

④優秀な人材の確保と育成

 当社は、継続的に付加価値の高いサービスを提供するためには、当社の「すべてのユーザーに対して、『高品質で』『理解し易く』『使い易い』『正確な』マニュアルを中心としたドキュメンテーションを提供する」という使命を十分に理解し、主体的に課題解決を行うことのできる人材の採用と継続的な育成が重要な課題であると認識しております。

 特に、マニュアル制作や技術翻訳に加え、今後の事業の主軸となる「e-manual」、「GRACE VISION®」の発展に向けての良質なスタッフ確保は不可欠であり、積極的かつ継続的に募集活動や業務提携を行ってまいります。従業員については、働き方改革の一環としてテレワークの本格稼働に向けた取り組みも開始しており、様々な形態で業務を実施できる環境整備により、優秀な人材確保を進めてまいります。

 

⑤経営管理体制の強化

 当社は、事業規模を拡大すると同時に企業価値を継続的に高めていくためには、継続的な経営管理体制、コーポレート・ガバナンスの更なる強化に取り組んでいくことも必要であると考えております。組織が健全かつ有効、効率的に運営されるように、社内規則や業務マニュアルの整備、定期的な社内教育の実施等を通じて業務の効率化とコンプライアンスの徹底を図るとともに、外部の監査法人による監査や監査役による監査、より効果的な内部監査を実施するために業務執行部門から独立した内部監査室による監査の充実化など、実効性を確保してまいります。

 

⑥株主との対話

 当社は、株主の皆様との対話を通じた企業価値の向上を目指しており、株主の皆様に有益な企業情報の発信、適切なディスクロージャーやIR活動を引き続き積極的に推進していく方針です。この対話を通じて、経営方針や経営戦略についてもよりわかりやすい説明を目指し、株主の皆様と当社との建設的な関係を築いていきたいと考えております。こうした方針を前提に、株主還元の内容や趣旨説明についても経営の最重要課題の一つとして認識しており、将来の事業展開と経営基盤の強化のために必要な内部留保は残しつつ、充実した株主還元を行うことが重要であると考えております。

2【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する情報は、当事業年度末現在において当社が判断したものであり、将来において発生する可能性のあるすべてのリスクを網羅するものではありません。

 

(1)マニュアル基幹システム「e-manual」の陳腐化

 当社は、2001年4月に開発したマニュアル基幹システム「e-manual」の導入推進による成長を目指しております。「e-manual」は、マニュアルの企画・構成、編集、制作をWeb上で行う作成プラットフォーム機能、ユーザーへの配信及びオンデマンド印刷機能、ユーザーの検索、利用及び問い合わせに対応するポータルサイト機能を有しておりますが、今後も「用語フィルター」(特許取得)など新機能の強化やユーザビリティ向上に努めてまいります。「e-manual」の導入顧客は2020年3月末現在50社でありますが、必ずしも当社の顧客が「e-manual」の利用を継続する保証はなく、また、「e-manual」の機能が陳腐化して契約が解除される可能性もあります。

 

(2)特定取引先への依存

 当社売上高に占める上位顧客10社の割合は、2018年3月期71.5%、2019年3月期59.7%、2020年3月期57.8%と高い水準となっております。上位顧客の多くは「e-manual」を導入していることから、今後とも継続的な取引が見込まれますが、何らかの事情により上位顧客との取引が打ち切られた場合は、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(3)MOS事業における外注依存

 MOS事業においては、基本的にマニュアルのテクニカルライティング及び技術翻訳を社外の専門スタッフや翻訳会社に業務委託しております。当社では一定の専門スタッフを登録し、懇親会やセミナー開催による登録者のフォロー・育成、案件ごとのチームによる品質管理体制を構築しております。これまで社外の専門スタッフの不足により業績への重大な影響を及ぼしたことはありませんが、案件の増加等によって量的質的に必要な専門スタッフが不足した場合には、納期や品質に問題が生じ、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)情報漏洩

 当社では、顧客の発売前の新製品や開発計画あるいは営業上の機密情報等に接する場合が多く、守秘義務を負っているため、顧客及び社外の専門スタッフとの取引時には機密情報の守秘義務契約を締結し、またデータの授受にはセキュアなクラウド上のファイルサーバー等を利用するなどセキュリティ対策を講じております。これまで機密情報の漏洩が発生したことにより、顧客から何らかの損害賠償の請求を受けたことはありませんが、それら機密情報等が漏洩し、顧客に重大な損害が発生した場合には、損害賠償請求や信用失墜等により、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5)システムトラブル

 当社はMMS事業においてクラウド型のマニュアル基幹システム「e-manual」を中心に、インターネットを利用した事業展開を行っております。安定的なサービス提供のため、運用体制の整備を行っておりますが、システムの不具合、人為的ミス、自然災害等によって通信ネットワークが切断あるいは制御不能に陥った場合には、復旧に多大な時間や費用を要するなど当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6)競合

 マニュアル制作や技術翻訳の受託業務は、基本的に多額の設備投資や許認可を必要とせず、新規参入が比較的容易であるため、2,000社以上の企業が存在しております(出典:「語学ビジネス徹底調査レポート2015」(矢野経済研究所))。当社では、ユーザー目線によるゼロベースからのマニュアル作成の提案や基幹システム「e-manual」の提供などによる差別化を図っておりますが、競合他社または新規参入会社との間で受注競争が激化し、価格競争や翻訳者の争奪が激しくなると、受注金額の低下、失注や売上原価の上昇等により当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7)特定人物・経営者への依存

 当社代表取締役会長松村幸治は、マニュアル制作、翻訳等に関する豊富な経験と知識を有し、経営方針や事業戦略の決定並びに業務執行において極めて重要な役割を果たしております。

 当社では、経営管理組織の強化、権限委譲による意思決定の迅速化、さらに取締役会や経営会議等における役員及び幹部社員の情報共有を図る等、同氏に過度に依存しない経営体制の整備を進めております。しかし、何らかの理由により同氏が当社の業務を継続することが困難になった場合、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(8)小規模組織と内部管理体制

 当社の経営管理組織及び業務執行体制は事業規模に応じた比較的少人数で運営されております。そのため、優秀な人材が流出し、新たな人材の採用及び育成が図れない場合には、経営管理及び業務執行に支障が生じ、新サービスの開発や営業活動など事業展開が阻害され、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 

(9)災害等

 大規模な地震の発生などの自然災害や事故、テロをはじめとした当社によるコントロールが不可能な事由によって、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 また、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、当社及び当社の主要ターゲットである国内大手メーカーを取り巻く環境によって、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

 当社ではこれらのリスクに対応するため、危機管理体制を重要なものと位置付けて取り組み、防災、減災、感染予防や拡大防止に対して適切な管理体制を構築しております。

 

3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 文中の将来に関する情報は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。

 

業績等の概要

(1)業績

 当事業年度におけるわが国経済は、製造業を中心に弱さがみられるものの、雇用環境の改善や堅調な企業業績に支えられ緩やかな回復基調で推移しておりましたが、世界経済において、長期化する米中貿易摩擦の世界経済への影響、英国のEU離脱問題、日韓問題等の海外リスクの高まりに加え、年明け以降の新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に及ぼす懸念も日に日に高まりを見せており、今後の先行きには予断を許さない状況となっております。国内大手メーカーでは、先進技術に対応するための研究開発投資、及び人手不足に対応するための省力化投資、並びに老朽化した設備の更新等を積極化しており、『マニュアルを「本当に使えるもの」にし、「無駄な経費・工数のかからない」品質の高いマニュアルの普及に努める』という当社の使命と市場ニーズとの適合性が高まっております。

 このような経済環境の下、当社では、付加価値の高い製品・サービスの提供に積極的に取り組み、受注・売上・収益の拡大に努めてまいりました。

 経営戦略につきましては、当社の主力サービスである「e-manual」の導入促進を積極的に図った結果、「e-manual」の導入社数は50社となりました。今後もより一層、「e-manual」「GRACE VISION®」の普及に努めてまいります。2019年11月に設立した米国子会社 GraceVision Inc.につきましては、米国内での新型コロナウイルスの感染拡大により、現在、稼働を停止しておりますが、引き続き、今後の感染拡大状況の把握に努めてまいります。

 成長のスピードを速めるために、シナジー効果が期待できる企業へのM&Aや事業提携等を引き続き積極的に検討しておりますが、内容の精査につきましては、慎重に行ってまいります。

 技術面につきましては、「e-manual」及び「完全誘導型AIマニュアル」である「GRACE VISION®」の機能向上に引き続き取り組んでおります。

 営業面につきましては、メーカーの「高品質なマニュアル」への要求の高まりから、コンサルティング案件及び「e-manual」の導入社数が増加いたしました。また、複数のメーカーにプロトタイプ版「GRACE VISION®」を納入し、引き合いも増加してきております。今後も「GRACE VISION®」の拡販及び対応分野・業界の拡大に努めてまいります。

 なお、当事業年度における、新型コロナウイルスの感染拡大に起因する当社財政状態、経営成績、キャッシュ・フローの状況、販売実績等に及ぼす影響は僅少であります。

 以上の結果、当事業年度における業績は、売上高1,903,678千円(前年同期比24.9%増)、経常利益947,420千円(同65.3%増)、当期純利益659,776千円(同75.8%増)となりました。

 当事業年度の業績をセグメント別に示すと、次のとおりであります。

① MMS事業

 MMS事業においては、上記のとおり、「e-manual」サービスの導入促進及びコンサルティング案件の獲得を積極的に図った結果、売上高1,204,942千円(前年同期比32.2%増)、セグメント利益833,205千円(同81.6%増)となりました。

② MOS事業

 MOS事業においては、既存顧客への積極的な是正提案及び問い合わせ等の新規顧客の取り込みを進めた結果、売上高698,735千円(前年同期比14.0%増)、セグメント利益385,926千円(同6.7%増)となりました。

 

(2)キャッシュ・フローの状況

 当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)の残高は、前事業年度末と比較し326,732千円増加し、1,641,569千円となりました。

 当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度における営業活動による資金の増加は361,472千円(前事業年度は283,394千円の増加)となりました。これは、税引前当期純利益947,420千円の計上等による資金の増加があった一方で、売上債権の増加額408,579千円、法人税等の支払額229,554千円等による資金の減少によるものであります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度における投資活動による資金の減少は111,632千円(前事業年度は8,026千円の減少)となりました。これは、定期預金の預入による支出100,000千円、固定資産の取得による支出7,228千円等によるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 当事業年度における財務活動による資金の増加は76,892千円(前事業年度は91,236千円の減少)となりました。これは、配当金の支払額96,467千円、社債の償還による支出30,000千円等による資金の減少があった一方で、新株予約権の行使による株式の発行による収入221,019千円等による資金の増加によるものであります。

 

生産、受注及び販売の実績

(1)生産実績

 当事業年度における生産実績は、次のとおりであります。

セグメントの名称

生産高(千円)

前年同期比(%)

MMS事業

184,626

△38.8

MOS事業

204,305

37.0

合計

388,932

△13.7

(注)1.金額は、製造原価によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

(2)受注実績

 当社の取引は、受注から売上計上までの期間が比較的短く、また、企画・構成、編集、制作及び翻訳の途中で仕様変更・内容変更が発生する場合もあるため、受注実績の記載を省略しております。

 

(3)販売実績

 当事業年度における販売実績は、次のとおりであります。

セグメントの名称

販売高(千円)

前年同期比(%)

MMS事業

1,204,942

32.2

MOS事業

698,735

14.0

合計

1,903,678

24.9

(注)1.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

 

前事業年度

当事業年度

販売高(千円)

割合(%)

販売高(千円)

割合(%)

東芝インフォメーションシステムズ株式会社

357,050

18.8

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

 

財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

 下記文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。

(1)財政状態の分析

 当事業年度末の総資産は2,762,393千円となり、前事業年度末に比べて919,596千円の増加となりました。

(流動資産)

 流動資産は2,675,063千円となり、前事業年度末に比べて894,723千円増加となりました。これは主に、現金及び預金が426,733千円、売掛金が407,450千円、未収入金が52,217千円増加したことによるものであります。

 

(固定資産)

 固定資産は87,329千円となり、前事業年度末に比べて24,872千円増加となりました。これは主に、有形固定資産が28,484千円増加したことによるものであります。

 

(流動負債)

 流動負債は500,137千円となり、前事業年度末に比べて177,140千円増加となりました。これは主に、未払法人税等が67,606千円、未払金が62,041千円、未払消費税等が34,016千円増加したことによるものであります。

 

(固定負債)

 固定負債は24,882千円となり、前事業年度末に比べて41,350千円減少となりました。これは主に、社債が30,000千円、長期借入金が9,996千円減少したことによるものであります。

 

(純資産)

 純資産合計は2,237,373千円となり、前事業年度末に比べて783,806千円増加となりました。これは主に、新株予約権の行使により資本金が111,670千円、資本準備金が111,670千円増加したこと、及び当期純利益の計上等に伴い利益剰余金の額が563,009千円増加したことによるものであります。

 

(2)経営成績の分析

① 売上高

 売上高は1,903,678千円(前事業年度比24.9%増)となりました。主な要因として重点顧客へ積極的な営業活動を実施し、大口顧客獲得に成功した結果です。

 

② 売上原価、売上総利益

 売上原価は389,289千円(前事業年度比13.7%減)となりました。これは主に外注費の削減によるものです。この結果、売上総利益は1,514,388千円(前事業年度比41.1%増)となりました。

 

③ 販売費及び一般管理費、営業利益

 販売費及び一般管理費は560,452千円(前事業年度比12.6%増)となりました。これは主に人件費増加によるものです。この結果、営業利益は953,936千円(前事業年度比65.7%増)となりました。

 

④ 営業外収益、営業外費用及び経常利益

 営業外収益は主として受取利息であり、15千円(前事業年度比22.3%増)となり、営業外費用は主として売上債権売却損であり、6,530千円(前事業年度比168.7%増)となり、この結果、経常利益は947,420千円(前事業年度比65.3%増)となりました。

 

⑤ 当期純利益

 税引前当期純利益は947,420千円(前事業年度65.3%増)となり、法人税、住民税及び事業税並びに法人税等調整額の計上により、当期純利益は659,776千円(前事業年度比75.8%増)となりました。

 

(3)資本の財源及び資金の流動性

 当社の運転資金需要のうち主なものは、登録スタッフであるマニュアルのテクニカルライター・翻訳者等への外注費用のほか、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、主に「e-manual」や「GRACE VISION®のソフトウェア開発等の無形固定資産への投資等によるものであります。

 当社は、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。

 短期運転資金は、自己資金及び金融機関からの短期借入を基本としており、設備投資や長期運転資金の調達につきましては、金融機関からの長期借入を基本としております。

 なお、当事業年度末におけるリース債務を含む有利子負債の残高は76,886千円、当事業年度末における現金及び現金同等物の残高は1,641,569千円となっております。

 

(4)経営戦略の現状と見通し

 当社は、「世界一の“わかる”を創り出す企業」を目指すという経営目標のもとで、マニュアルを通じて、メーカーとユーザー、人と人、企業と人をつなぐコミュニケーションビジネスを展開し、形や常識とされる既成概念に捉われず、「解る」・「理解できる」を追求することで、当社に心底傾倒し、お客様自身の体制をも変化させていただけるような、絶大なる支持を得られるように事業展開を行っております。

 具体的には、国内・国外のメーカーを中心に、産業機械などの工業製品や会計システムなどの情報サービスソフトウェアに付随する操作系マニュアル、運用系マニュアルや、各企業における業務系マニュアルまで、お客様の目的に合致した技術マニュアルをコアに、各種マニュアルの管理・配信・閲覧・制作を支援する「e-manual」の企画、導入コンサルティング及び運営のサービスを提供するMMS事業と、エンドユーザーの立場に立って、ユーザーログの分析をベースとしたテクニカルライティング(原稿執筆)を行うとともに、輸出対象国の言語に翻訳(多言語化)する等のサービスを提供するMOS事業を展開しております。

 2018年1月には、これまでのテクニカルライティングの手法を踏まえ、読むことも、見ることも、覚える必要もない、従来にはない全く新しい完全誘導型AIマニュアル「GRACE VISION®」を発表して、更なる「解る」・「理解できる」の追求に邁進しています。

 

(5)経営者の問題認識と今後の方針について

 当社経営陣は、急速な業界環境や経済動向の変化に対応するため、当社事業のあるべき将来像を描き、収益機会を創造し、明確な目標設定を基本とする戦略的事業展開を推進し、これらの変化を的確に捉え、時に先取りして、入手可能な情報に基づき最善の経営意思決定をするように努めております。

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、今後の世界経済の先行きへの懸念が非常に高まっております。当社の主要ターゲットである国内大手メーカーは、引き続き厳しい経営環境に置かれておりますが、当社においては、マニュアルのプロとして、ドキュメントコンサルティング、マニュアル制作及び「e-manual」の導入促進とあわせ、「GRACE VISION®」を積極的に販売することにより、技術伝承、人手不足及びコストダウンなど、国内大手メーカーの生産性向上を支援してまいります。

 これまでのところ、当社の業績に大きな変調は見受けられません。今後、感染症の影響が長期化した場合は、収益が減少する可能性がありますが、そのような状況下においても、当社は生産性の向上とコストダウン等の対策を実施し、収益減少を最小限に抑えるよう努めてまいります。

 なお、今後の解決すべき主たる重点課題及び今後の方針等につきましては、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の項目をご参照下さい。

 

(6)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

 当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。この財務諸表の作成に当たりましては、引当金の計上など一部に将来の合理的な見積りが求められているものもあります。これらの見積りは当社における過去の実績・現状・将来の計画を考慮し、合理的と考えられる事項に基づき判断しておりますが、実際の結果は、これらの見積りと異なる場合があります。なお、重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 重要な会計方針」に記載のとおりであります。

 また、新型コロナウイルス感染症の影響については、「第5 経理の状況 1財務諸表等 注記事項追加情報」に記載のとおりであります。

 

(繰延税金資産)

 当社は、繰延税金資産について、将来の利益計画に基づいて課税所得を見積り、回収可能性があると判断した将来減算一時差異について計上しております。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するため、その見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じ減少した場合、繰延税金資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。

 

固定資産の減損処理

 当社は、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境の変化により、その見積り額の前提とした条件や仮定に変更が生じ減少した場合、減損処理が必要となる可能性があります。

 

4【経営上の重要な契約等】

 該当事項はありません。

 

5【研究開発活動】

 該当事項はありません。

 

第3【設備の状況】

1【設備投資等の概要】

 当事業年度の設備投資は、主としてMMS事業の「GRACE VISION®」関連の設備投資や本社建物内の什器備品を購入し、設備投資総額は40,598千円となりました。

 

2【主要な設備の状況】

(2020年3月31日現在)

 

事業所名

(所在地)

セグメント

の名称

設備の

内容

帳簿価額(千円)

従業員数

(名)

建物

工具、

器具及

び備品

リース

資産

特許権

ソフト

ウエア

無形固

定資産

その他

合計

本社

(東京都港区)

本社

(共通)

本社

事務所

5,540

17,567

9,781

563

14,216

3,300

50,969

39(7)

(注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

2.本社事務所は賃借物件であります。年間賃借料は36,248千円であります。

3.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )外数で記載しております。

 

3【設備の新設、除却等の計画】

 該当事項はありません。

 

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

50,688,000

50,688,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(2020年3月31日)

提出日現在発行数

(株)

(2020年6月26日)

上場金融商品取引所名

又は登録認可金融商品

取引業協会名

内容

普通株式

14,128,500

14,128,500

東京証券取引所

(市場第一部)

完全議決権株式であり、権利内容になんら限定のない当社における標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株であります。

14,128,500

14,128,500

(注) 提出日現在の発行数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数は、含まれておりません。

 

(2)【新株予約権等の状況】

①【ストックオプション制度の内容】

 会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。

第2回新株予約権(2016年3月11日臨時株主総会決議)

決議年月日

2016年3月11日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役  5

監査役  3

使用人  35

新株予約権の数(個)※

45(注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

普通株式 162,000(注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

60(注)2

新株予約権の行使期間※

自 2018年3月15日  至 2026年2月14日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格   60

資本組入額  30

新株予約権の行使の条件

(1)行使条件

①本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について新株予約権の要項に定める取得事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。

②新株予約権者は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、取締役会が正当な理由があると認めた場合にはこの限りではない。

③新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。

(2)その他の条件

当社と本新株予約権者との間で締結される「第2回新株予約権割当契約」に定めるところによる。

新株予約権の譲渡に関する事項※

新株予約権の譲渡は取締役会の承認を要する。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※

(注)3

 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略しております。

(注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、事業年度末現在は3,600株、提出日の前月末現在は3,600株であります。

ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。

調整後付与株式数

調整前付与株式数

×

分割・併合の比率

2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。

調整後行使価額

調整前行使価額

×

分割・併合の比率

また、新株予約権の割当日後に行使価額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。

調整後行使価額

既発行株式数×調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額

既発行株式数+新規発行株式数

 

3.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存する新株予約権の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。

(1)交付する再編対象会社の新株予約権の数

新株予約権利者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。

(2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類

再編対象会社の普通株式とする。

(3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数

組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。

(4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額

組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。

(5)新株予約権を行使することができる期間

本新株予約権の要項に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、本新株予約権の要項に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。

(6)新株予約権の行使の条件

本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。

(7)増加する資本金及び資本準備金に関する事項

本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。

(8)譲渡による新株予約権の取得の制限

新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。

(9)新株予約権の取得事由

本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。

4.2016年8月2日開催の取締役会決議により、2016年9月12日付で普通株式1株を300株に分割したことにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。

5.2017年2月13日開催の取締役会決議により、2017年4月1日付で普通株式1株を4株に分割したことにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。

6.2018年2月7日開催の取締役会決議により、2018年4月1日付で普通株式1株を3株に分割したことにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。

 

②【ライツプランの内容】

 該当事項はありません。

 

③【その他の新株予約権等の状況】

 会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。

第3回新株予約権(2017年5月9日取締役会決議)

決議年月日

2017年5月9日

付与対象者の区分及び人数(名)

取締役  5

監査役  1

使用人  41

新株予約権の数(個)※

391(注)1

新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※

普通株式 117,300(注)1

新株予約権の行使時の払込金額(円)※

1,269(注)2

新株予約権の行使期間※

自 2018年7月1日  至 2020年6月30日

新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額(円)※

発行価格  1,282

資本組入額  641

新株予約権の行使の条件

(1)行使条件

①本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について新株予約権の要項に定める取得事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。

②新株予約権者は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、取締役会が正当な理由があると認めた場合にはこの限りではない。

③新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。

(2)その他の条件

当社と本新株予約権者との間で締結される「第3回新株予約権割当契約」に定めるところによる。

新株予約権の譲渡に関する事項※

新株予約権の譲渡は取締役会の承認を要する。

組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※

(注)3

 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載を省略しております。

(注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、事業年度末現在は300株、提出日の前月末現在は300株であります。

ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。

調整後付与株式数

調整前付与株式数

×

分割・併合の比率

2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。

調整後行使価額

調整前行使価額

×

分割・併合の比率

また、新株予約権の割当日後に行使価額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。

調整後行使価額

既発行株式数×調整前行使価額+新規発行株式数×1株当たり払込金額

既発行株式数+新規発行株式数

 

3.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存する新株予約権の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存する新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。

(1)交付する再編対象会社の新株予約権の数

新株予約権利者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。

(2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類

再編対象会社の普通株式とする。

(3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数

組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。

(4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額

組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。

(5)新株予約権を行使することができる期間

本新株予約権の要項に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、本新株予約権の要項に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。

(6)新株予約権の行使の条件

本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。

(7)増加する資本金及び資本準備金に関する事項

本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。

(8)譲渡による新株予約権の取得の制限

新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。

(9)新株予約権の取得事由

本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。

4.2018年2月7日開催の取締役会決議により、2018年4月1日付で普通株式1株を3株に分割したことにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

 該当事項はありません。

 

(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式

総数増減数

(株)

発行済株式

総数残高

(株)

資本金

増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金

増減額

(千円)

資本準備金

残高

(千円)

2015年12月1日

(注)1

普通株式    980

普通株式   3,008

A種優先株式 1,114

10,000

1,949

2016年2月8日

(注)2

A種優先株式 △602

普通株式   3,008

A種優先株式  512

10,000

1,949

2016年2月12日

(注)3

A種優先株式 △512

普通株式    512

普通株式   3,520

10,000

1,949

2016年9月12日

(注)4

普通株式 1,052,480

普通株式 1,056,000

10,000

1,949

2017年1月23日

(注)5

普通株式  36,500

普通株式 1,092,500

52,049

62,049

52,049

53,998

2017年4月1日

(注)6

普通株式 3,277,500

普通株式 4,370,000

62,049

53,998

2018年3月23日

(注)7

普通株式  172,800

普通株式 4,542,800

15,728

77,777

15,728

69,726

2018年4月1日

(注)8

普通株式 9,085,600

普通株式13,628,400

77,777

69,726

2018年7月30日

(注)9

普通株式  151,800

普通株式13,780,200

4,920

82,697

4,920

74,647

2018年11月5日

(注)10

普通株式  43,800

普通株式13,824,000

6,083

88,780

6,083

80,730

2019年9月18日

(注)11

普通株式  152,700

普通株式13,976,700

14,302

103,083

14,302

95,033

2020年3月17日

(注)12

普通株式  151,800

普通株式14,128,500

97,368

200,451

97,368

192,401

(注)1.A種優先株式602株の取得請求権の行使による普通株式の発行であります。

2.取得請求により自己株式となったA種優先株式の消却であります。

3.A種優先株式の廃止による普通株式への変更であります。

4.株式分割(1:300)によるものであります。

5.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)

割当価格   2,852円

資本組入額  1,426円

割当先    東海東京証券株式会社

6.株式分割(1:4)によるものであります。

7.新株予約権の行使によるものであります。

8.株式分割(1:3)によるものであります。

9.新株予約権の行使によるものであります。

10.新株予約権の行使によるものであります。

11.新株予約権の行使によるものであります。

12.新株予約権の行使によるものであります。

 

 

(5)【所有者別状況】

 

 

 

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況(株)

政府及び

地方公共

団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他

の法人

外国法人等

個人

その他

個人以外

個人

株主数(人)

21

37

26

73

8

4,594

4,759

所有株式数

(単元)

32,507

2,788

15,845

44,520

16

45,559

141,235

4,900

所有株式数の割合

(%)

23.01

1.97

11.22

31.52

0.01

32.26

100

(注)自己株式181株は、「個人その他」に1単元、「単元未満株式の状況」に81株含まれております。

(6)【大株主の状況】

 

 

2020年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合(%)

松村 幸治

東京都港区

2,360

16.71

NMC株式会社

東京都中央区銀座6丁目6-1

1,540

10.90

NORTHERN TRUST CO.(AVFC)RE IEDU UCITS CLIENTS NON LENDING 15 PCT TREATY ACCOUNT

(常任代理人 香港上海銀行東京支店 カストディ業務部)

50 BANK STREET CANARY WHARF LONDON E14 5NT, UK

(東京都中央区日本橋3丁目11番1号)

962

6.81

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8-11

937

6.63

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

東京都港区浜松町2丁目11番3号

858

6.07

GOLDMAN, SACHS & CO. REG

(常任代理人 ゴールドマン・サックス証券株式会社)

200 WEST STREET NEWYORK, NY, USA

(東京都港区6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー)

520

3.68

BNY GCM CLIENT ACCOUNT JPRD AC ISG (FE-AC)

(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

PETERBOROUGH COURT 133 FLEET STREET LONDON EC4A 2BB UNITED KINGDOM

(東京都千代田区丸の内2丁目7-1 決済事業部)

359

2.54

STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505019

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

AIB INTERNATIONAL CENTREP. O. BOX 518 IFSC DUBLIN, IRELAND

(東京都港区港南2丁目15-1 品川インターシティA棟)

340

2.41

JP MORGAN CHASE BANK 385650

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

25 BANK STREET, CANARY WHARF, LONDON, E14 5JP, UNITED KINGDOM

(東京都港区港南2丁目15-1 品川インターシティA棟)

333

2.36

RBC IST 15 PCT LENDING ACCOUNT - CLIENT ACCOUNT

(常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支店 セキュリティーズ業務部)

7TH FLOOR, 155 WELLINGTON STREET WEST TORONTO, ONTARIO, CANADA, M5V 3L3

(東京都新宿区新宿6丁目27番30号)

311

2.20

8,523

60.33

 

(7)【議決権の状況】

①【発行済株式】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

 

議決権制限株式(自己株式等)

 

議決権制限株式(その他)

 

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

100

完全議決権株式(その他)

普通株式

14,123,500

141,235

単元株式数は100株であります。

単元未満株式

普通株式

4,900

発行済株式総数

 

14,128,500

総株主の議決権

 

141,235

 

②【自己株式等】

 

 

 

 

2020年3月31日現在

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有

株式数(株)

他人名義所有

株式数(株)

所有株式数の

合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

グレイステクノロジー株式会社

東京都港区虎ノ門三丁目8番21号

100

100

0.00

100

100

0.00

 

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】 普通株式

 

(1)【株主総会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【取締役会決議による取得の状況】

 該当事項はありません。

 

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(円)

当事業年度における取得自己株式

82

222,702

当期間における取得自己株式

(注)当期間ける取得自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他(-)

保有自己株式数

181

181

 

 

3【配当政策】

 当社は、株主に対する利益還元を経営上の重要課題の一つとして認識しており、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況を勘案して、株主の皆様に利益還元を図ることを基本方針としております。

 内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、一層の事業拡大を目指すため、中長期的な経営原資として活用していく予定であります。具体的には、「e-manual」の機能向上のための設備投資や人材の採用・教育等の将来利益への寄与が見込まれる投資資金に活用し、かつ財務体質強化に努める所存であります。

 当社の剰余金の配当は、年1回の期末配当を行うことを基本的な方針としており、決定機関は株主総会であります。また、当社は、取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として中間配当ができる旨を定款に定めております。

 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下の通りであります。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たりの配当金(円)

2020年6月26日

定時株主総会決議

211

15

 

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの概要】

① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 当社の企業価値を継続的に高めていくには、株主や投資家の皆様や当社サービスを利用するユーザーの方から高い信頼を得ることが必要と考えております。

 当該認識のもと、当社では迅速な意思決定や適切な業務執行と共に、経営の健全性、透明性、及び客観性を確保するよう、コーポレート・ガバナンスの充実に努めております。

 

② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

イ.企業統治の体制の概要

 当社は、経営に関する意思決定及び監督機関として取締役会を設置し、監査機関として監査役会並びに会計監査人を設置しております。

 取締役の任期は1年とし、株主総会において信任を問うこととしております。

 

ロ.当該体制を採用する理由

 経営戦略を迅速に実行していく必要がある一方で、社会的信用を得るために経営の健全性、透明性、及び客観性の観点から当該企業統治の体制を採用しております。

 当社の経営組織、及びコーポレート・ガバナンス体制を図示すると以下のとおりであります。

 

 

0104010_001.png

ⅰ)取締役会

 取締役会は、本書提出日現在、社外取締役2名を含む取締役7名で構成されております。取締役会は、原則月1回の定時取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催することで、迅速な経営上の意思決定を行える体制としております。取締役会では、経営上の意思決定機関として、法令・定款・取締役会規則に基づき重要事項を決議及び報告し、取締役の職務執行を監督しております。

 また、取締役会には、全ての監査役が出席し、取締役の業務執行の状況を監視できる体制となっております。

 

ⅱ)監査役、監査役会

 当社は、監査役会制度を採用しております。監査役会は、本書提出日現在、監査役3名で構成され、うち2名は社外監査役であり、うち1名は常勤監査役であります。監査役はガバナンスのあり方とその運営状況を監視し、取締役の職務の執行を含む日常的活動の監査を行っております。監査役は取締役会経営会議その他社内会議に出席し、取締役の職務執行について厳正な監視を行うとともに、積極的に意見を述べ、意思決定プロセスや取締役の業務執行の状況について確認ができる運営体制となっております。

 監査役は、監査計画に基づき監査を実施し、原則として月1回定例で監査役会を開催するほか、必要に応じて臨時監査役会も開催しております。

 また、内部監査室及び会計監査人と随時会合を開催することにより、監査に必要な情報の共有化を図っております。

 

ⅲ)経営会議

 経営会議は、原則として月1回開催しております。取締役及び各部門長の他、代表取締役が必要に応じて指名する管理職が参加し、取締役会付議事項及びコンプライアンス、リスク管理に関して経営上重要な影響を及ぼすおそれのある事項の協議、各部門からの業務執行状況及び月次業績の報告と審議が行われております。また、重要事項の指示・伝達等により認識の統一を図る会議体として機能しております。

 

③ 企業統治に関するその他の事項

イ.内部統制システムの整備状況

 当社は企業経営の透明性及び客観性を確保するため、内部統制に関する基本方針、及び各種規程を制定し、内部統制システムを構築し、運用の徹底を図っております。また、内部統制システムが有効に機能していることを確認するため、内部監査室による内部監査を実施しております。

 当社では会社法ならびに関連規則に基づき、業務の適正化を確保するための体制の整備を目的として、内部統制システムの基本方針を定め、当該方針に従って以下のとおり内部統制システムを整備・運用しております。

1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

(1)当社では、取締役及び使用人が社会の一員として社会倫理、コンプライアンス意識を持って、法令、定款及び各種社内規則等に則った職務執行を行い、健全な企業経営に努める。

(2)取締役会は、「取締役会規則」の定めに従い、法令及び定款に定められた事項ならびに重要な業務に関する事項の決議を行うとともに、取締役からの業務執行状況に関する報告を受け、取締役の業務執行を監督する。

(3)監査役は、法令が定める権限を行使し、取締役の職務の執行を監査する。

(4)代表取締役が指名した内部監査室は、「内部監査規則」に従って各部門の業務執行及びコンプライアンスの状況等について監査を実施し、その結果を代表取締役に報告する。

(5)万一コンプライアンスに関する事態が発生した場合には、担当取締役を通じて、その内容・対処案を取締役会に報告する。

(6)法令違反その他法令、定款、社内規則上の疑義のある行為等については、「コンプライアンス規則」に従って適切に対応する。

(7)職務権限を定めて責任と権限を明確化し、各部門における執行の体制を確立する。

(8)必要となる各種の決裁制度、社内規則、及びマニュアル等を備え、これを周知し、運用する。

 

2.取締役の職務の執行に係る情報の保存、及び管理に関する体制

(1)文書管理規則を定め、重要な会議体の議事録等、取締役の職務の執行に係る情報を含む重要文書その他の情報(電磁的記録を含む)は、当該規則等の定めるところに従い、適切に記録し、定められた期間保存及び管理する。

(2)取締役及び監査役からの議事録、稟議書、その他重要な文書の閲覧要請があった場合には、文書管理規則により、常時これらの文書を閲覧することができる。

 

3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

(1)リスク管理のうち情報管理については「情報取扱管理規則」及び「個人情報保護規則」を制定し、その浸透を図る。

(2)取締役会及びその他の重要な会議において、各取締役、経営幹部及び使用人から、業務執行に関わる重要な情報の報告を行う。

(3)取締役は、当社の事業に伴う様々なリスクを把握し、総合的にリスク管理を行うことの重要性を認識した上で、様々なリスクの把握、評価、及び管理に努める。

(4)不測の事態が発生した場合には、代表取締役はリスク対応体制を発動し、必要に応じて弁護士等の外部専門機関とともに迅速かつ的確な対応を行い、損失の拡大を防止するものとする。

(5)内部監査室は各部門のリスク管理の状況を定期的に監査し、その結果を代表取締役及び取締役会に報告し、取締役会において適宜リスク管理体制を見直し、問題点の把握と改善を行う。

 

4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

(1)「組織規則」及び「職務権限規則」に基づき、取締役の合理的な職務分掌を定め職務執行の効率化を図るとともに、「職務権限表」に基づき、チェック機能を備えた上での迅速かつ効率的な意思決定を実現する。

(2)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、定時取締役会を月一回開催するほか、必要に応じて随時取締役会を開催し、重要事項の議論、審議、検討及び決定を行い、経営意思決定の迅速性を高めるとともに、透明性及び効率性の確保に努める。

(3)取締役は、緊密に意見交換を行い、情報共有を図ることにより、効率的、かつ迅速に業務を執行する。

 

5.監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

(1)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

 監査役会の承認により、監査役の職務を補助する使用人(以下、「補助使用人」)を置くことを求めた場合には、使用人を任命及び配置することとし、その人事については、取締役会と監査役会と意見交換を行い、決定する。当該使用人は、取締役または他の使用人の指揮命令を受けないように独立性を確保し、人事考課、異動等については監査役の同意を得た上で、決定する。

(2)取締役及び使用人が監査役、又は監査役会に報告するための体制

 取締役及び使用人は、会社に重大な損失を与える事項が発生又は発生する恐れがあるとき、違法又は不正な行為を認知したとき、その他監査役会が報告すべきものと定めた事項が生じたときは、直ちに監査役、又は監査役会に報告する。また、内部監査室は、内部監査の実施状況及び業務の状況を監査役に報告する。さらに、取締役及び使用人は、監査役の求めに応じ、速やかに業務執行の状況等を報告する。

(3)監査役への報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

 当社は、監査役へ報告した当社の取締役及び使用人に対し、通報または相談したことを理由として不利益な取り扱いをすることを禁止し、報告者を保護する。

 

6.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

(1)監査役は、取締役会のほか、必要に応じ重要な会議に出席するとともに、稟議書その他業務執行に関する重要な文書を閲覧し、取締役または使用人は説明を求められた場合には、監査役に対して詳細に説明することとする。

(2)監査役は、代表取締役や管理部長と定期的に会合を開き、意思の疎通及び意見交換を実施する。

(3)監査役は、内部監査室及び会計監査人と意見交換や情報交換を行い、連携を図りながら必要に応じて調査及び報告を求めることができる体制を構築する。

 

7.財務報告に係る内部統制システムの整備状況

(1)財務報告の信頼性を確保するため、財務報告に係る内部統制が有効に機能する体制構築を行い、その仕組みが適切に機能することを継続的に評価する。

(2)内部監査室は、財務報告に係る内部統制について監査を行う。不備があれば、被監査部門は適宜是正、改善し、その対策を講じる。

 

8.反社会的勢力の排除に向けた基本方針、及び整備状況

(1)市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体・個人とは一切の関係を持たず、不当・不法な要求には断固として拒否する。

(2)警察、顧問弁護士等外部の専門機関とも連携を取りつつ、不当要求等に対しては毅然とした姿勢で組織的に対応する。

 

ロ.リスク管理体制の整備の状況

 当社は、事業環境の変化に対応しながら持続的な成長を達成していくため、企業活動に伴う様々なリスクについては、各部署においてリスクの分析や予防対策の検討等を進め、それぞれの担当取締役が対応部署を通じ、必要に応じて規則、マニュアルの制定・配付、研修等を行う体制となっております。

 また法務上の問題については、顧問弁護士と顧問契約を締結し、必要に応じて指導、及び助言等を受け、適切な対処を行える体制となっております。

 

ハ.取締役等の責任免除

 当社は、取締役(業務執行取締役等である者を除く)及び監査役との間で、会社法第427条第1項の規定により、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としております。

 なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失がないときに限られます。

 

ニ.取締役の定数

 当社の取締役は、9名以内とする旨を定款に定めております

 

ホ.取締役の選任、及び解任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。

 

ヘ.株主総会決議事項を取締役会で決議することができるとした事項

中間配当

 当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、取締役会の決議により毎年9月30日を基準日として、会社法第454条第5項に定める中間配当ができる旨を定款に定めております。

 

ト.株主総会の特別決議要件

 当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とし、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2をもってこれを行う旨を定款に定めております。

 

 

(2)【役員の状況】

① 役員一覧

男性 9名 女性 1名(役員のうち女性の比率10.0%)

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(株)

代表取締役会長

松村 幸治

1955年3月8日

 

1979年4月

株式会社リングイスツ入社

1986年3月

株式会社日本マニュアルセンター設立

同社代表取締役

1996年6月

社団法人日本翻訳連盟常務理事

1997年6月

社団法人日本翻訳連盟ネットワーク委員会及び翻訳品質委員会委員長

2001年1月

2019年6月

当社代表取締役

当社代表取締役会長(現任)

 

(注)3

2,360,800

代表取締役社長

飯田 智也

1973年4月30日

 

1997年4月

株式会社日本マニュアルセンター入社

2007年3月

当社入社制作部統括ゼネラルマネージャー

2007年10月

当社取締役兼制作部長

2009年6月

当社取締役兼制作部長兼経営企画室長

2015年6月

当社取締役兼営業統括本部長兼経営企画室長

2015年9月

当社取締役兼営業統括本部長

2016年2月

2019年6月

当社取締役兼管理部長

当社代表取締役社長(現任)

 

(注)3

24,400

取締役

制作部長

田邉 明子

1975年9月20日

 

1998年4月

株式会社日本マニュアルセンター入社

2007年3月

当社入社

2007年10月

当社取締役兼制作部翻訳グループ部長

2015年6月

当社取締役兼制作部長(現任)

 

(注)3

33,200

取締役

営業部長

木ノ下 俊弘

1963年7月20日

 

1988年4月

ナショナル証券株式会社(現 SMBCフレンド証券株式会社)入社

1997年6月

株式会社DHC入社

2000年12月

株式会社ハイパーエンジニアリング入社

2001年8月

当社入社

2008年6月

当社取締役兼営業担当部長

2015年9月

2019年10月

当社取締役兼新規営業担当部長

当社取締役兼営業部長(現任)

 

(注)3

19,600

取締役

管理部長

兼経営企画室長

大池 信之

1974年3月15日

 

1998年4月

新日本証券株式会社(現 みずほ証券株式会社)入社

2010年8月

株式会社光通信入社

2017年2月

当社入社

2017年4月

当社経営企画室長

2019年6月

当社取締役兼管理部長兼経営企画室長(現任)

 

(注)3

6,000

取締役

村田 斉

1966年12月1日

 

1989年4月

株式会社リクルート入社

1994年7月

株式会社プレステージ設立 取締役

2000年1月

株式会社翔泳社入社

2000年8月

当社社外取締役(現任)

2005年9月

株式会社翔泳社プラス(現 株式会社SEプラス)取締役

2007年6月

株式会社翔泳社プラス(現 株式会社SEプラス)代表取締役(現任)

株式会社システム・テクノロジー・アイ(現 アイスタディ株式会社)取締役

 

(注)3

40,000

 

 

役職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数